【住人十色】に場所は福岡県博多市【九州大学松浜厚生施設(1928年竣工)100年前の洋館を移築した「半分」だけの住居兼オフィス・デザイン事務所 株式会社テツシンデザイン先崎哲進さんの家】が登場紹介!設計者:株式会社 yHa architects平瀬祐子・平瀬有人


2022年6月18日(土) 17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、九州大学松浜厚生施設(1928年竣工)100年前の洋館を移築した「半分」だけの住居兼オフィス・デザイン事務所が登場しますよ!

筥崎宮参道 九州大学箱崎 キャンパス移転に伴って壊されようとしていた1928年竣工の洋館建築・九州大学松浜厚生施設

所在地:福岡市東区
建築主:株式会社テツシンデザイン 代表取締役 先崎哲進
テツシンデザイン:https://tetusin.com/
設計者:株式会社 yHa architects 代表取締役 平瀬祐子・佐賀大学 株式会社 yHa architects 平瀬有人 〒812-0039 福岡市博多区冷泉町8-18-3B TEL.050-3478-5444
株式会社 yHa architects:https://yha.jp/
施工者:株式会社イクスワークス 取締役 内山琢也

 

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」番組データ

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」家のかずだけある家族のカタチ 毎週土曜日 午後5時放送 出演 松尾貴史 三船美佳

2022年6月18日(土) 17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、「100年前の洋館を移築した「半分」だけの住居兼オフィス」が紹介されます。

元々は大学の学生寮だった洋館を移築!正面は「古い建物」…なのに奥は「新築」⁉
家の様々な場所で「イケドリ」したものが大活躍‼
日本の住宅ではまだ数軒?珍しい素材

舞台は、福岡県の中心地・博多。住人(アルジ)は、デザイン事務所を経営する40代の夫婦と7歳の息子。1年前に構えた新居は、元々は九州大学の旧学生寮だった建物を移築したもの。大学の移転に伴い、1928年に作られたコロニアル建築様式の旧学生寮も取り壊されることに…。古い建物が好きな夫が大学に交渉したところ譲ってもらえることに。憧れの建築物を移築!自宅兼オフィスとして利用…!だが、完成した家はなぜか半分⁉

実は、移築した建物を完全に再現するには相当な費用がかかるため、予算との折り合いで泣く泣く半分だけの家にしたといい、もう半分のスペースは鉄骨で家の形を表現した。建物を壊す前に、再利用できそうな建具や建材を取り出すことを業界用語で「イケドリ」といい、そんなイケドリしてきた応接室のドアや窓枠などを保管しているのだ。
「イケドリ」したものを活用して暮らす、半分の家を紹介する。
出演者:
MC:松尾貴史 三船美佳
訪問者(リポーター):黛英里佳
ナビゲーター:高井美紀(MBSアナウンサー)
ナレーション:かわたそのこ

  • MBSテレビ『住人十色』公式サイト:https://www.mbs.jp/toiro/