【住人十色】に場所は奈良県葛城市【築100年の生家を大改修!大正から令和へアップデートした家・建築家の松村泰徳さん(設計:松村泰徳建築設計事務所)の家】が登場紹介!


2022年7月2日(土) 17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、奈良県葛城市「築100年の生家を大改修!大正から令和へアップデートした家」が登場しますよ!

場所:奈良県葛城市
リノベーション面積:184㎡
リノベーション年月:2019年10月
設計:松村泰徳(松村泰徳建築設計事務所)
公式サイト:https://www.matsumura-architects.com/

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」番組データ

MBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」家のかずだけある家族のカタチ 毎週土曜日 午後5時放送 出演 松尾貴史 三船美佳

2022年7月2日(土) 17時00分~17時30分 のMBSテレビ「住人十色(じゅにんといろ)」放送内容に、「築100年の生家を大改修!大正から令和へアップデートした家」が紹介されます。

目指したのは「真面目すぎない古民家改修」⁉
断熱&床暖房でお気に入りスペースに
露天風呂まで完備したアウトドアリビングとは?
次につないでいきたい、令和の大改修

舞台は、奈良県葛城市。結婚して25年になる住人(アルジ)夫婦。2人の息子は独立したため、現在は夫婦だけで暮らしている。この家は夫が生まれ育った生家であり、元々は曽祖父が大正時代に建てた築約100年の古民家だ。暗さや寒さ、使い勝手の悪さなどを解消すべく、建築家である夫は大改修を決意!目指したのは、「真面目すぎない古民家の改修」。不便の解消だけではなく現代の生活にフィットするようアップデートされた。

天井高が6メートルもあるカフェバーのようなモダンな空間のキッチン。キッチン隣の「リビングダイニング」は寒さを解消。露天風呂まである「アウトドアリビング」も!代々受け継がれた生家の大改修だからこそ、「全て作り変えるのではなく、いいものは残して改善するものは改善した」という夫。ゆくゆくは2世帯住居として暮らせるようにして、「次につないでいけたら」と考えている、住み継がれる家を紹介する。
出演者:
MC:松尾貴史 三船美佳
訪問者(リポーター):
ナビゲーター:高井美紀(MBSアナウンサー)
ナレーション:かわたそのこ

  • MBSテレビ『住人十色』公式サイト:https://www.mbs.jp/toiro/