木澤平通 水彩画教室「火酔会展」加古川市民ギャラリー 加古川市


2020年2月17日(月)~23日(日)までJR加古川駅構内にある加古川市民ギャラリーで木澤平通 水彩画教室「火酔会展」が開催されますよ!

火酔会は、木澤水彩画教室のメンバーで構成された同好会です。「火酔会展」当日は、現場主義をモットーに水彩画の透き通る様な瑞々しさで感動の一瞬を切り取った作品約35点が展示されます。

木澤教室では、絵の具は基本的に6色しか使わず、パレットで混色し、筆に含ませる水の量や紙の濡れ具合等、絵全体の色調を整えることを重要視、透明感があり発色のよい透明水彩絵の具で描かれた風景画にしあがる。絵の具の持つ特性を最大限に引き出し、観る人の想像力をかき立てる作品が学べる水彩画教室です。

木澤平通 水彩画教室「火酔会展」告知チラシ

2020年2月17日(月)~23日(日)までJR加古川駅構内にある加古川市民ギャラリーで木澤平通 水彩画教室「火酔会展」が開催

水彩画家 木澤平通氏 プロフィール

1953年1月10日高砂市曽根町に生まれる。1961年示現会入会。1965年示現会会友。1978年結婚を機に油彩画中断。2000年自学自習で水彩画を始める。2005年全国公募春日水彩画展入賞。2007年全国公募加古川川の絵大賞展受賞。日本水彩画兵庫支部展受賞、日本水彩画展入選。2008年日本水彩画兵庫支部展受賞、日本水彩画展入選。2010年全国公募加古川川の絵大賞展受賞。その他、全国公募展入選、入賞多数。現高砂美術協会理事。
2012年に初の画集「ふるさとの風景に夢をのせて―木澤平通水彩画集」を出版。

加古川市民ギャラリー

市民ギャラリーは、加古川観光協会が運営しているギャラリーです。場所は、兵庫県加古川市加古川町、JR加古川駅構内まちの案内所にあります。芸術・文化活動の成果をだれもが気軽に発表する場としてだれでも利用できる。芸術作品の個展をはじめとして、グループの創作活動の展示、発表の機会 、ミニイベントを企画するなど多目的に利用される人気のギャラリーです。

加古川市民ギャラリー 木澤平通 水彩画教室E班「第2回 いいのかい水彩画展」開催情報

  • 開催日:2020年2月17日(月)~23日(日)まで
  • 場所:加古川市民ギャラリー 地図
    (住所:〒675-0065 兵庫県加古川市加古川町503-2)
  • 開館時間:午前9時45分から午後6時
    ※初日は12時から・最終日は16時まで
  • 加古川観光協会 公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で