兵庫大学と加古川市 共催「市民会議✕熟議2022」が開催されます!


兵庫大学と加古川市の共催で「市民会議✕熟議2022」が開催されます。

熟議(熟慮 + 議論)は、自分たちの住む地域の課題を発掘し、その課題への対応策を熟考し、自らが解決に向けて実行することにより、課題解決を市民自らが考え、担う
機会とすることを目的として、加古川市と兵庫大学とが連携して開催されます。

今回のテーマは、「まちづくり×SDGs〜住み続けたいまち、加古川をめざしてみんなでできることを考えよう〜」。

2022年6月18日(土)が熟慮講演会、7月23日(土)が市民会議の予定となっています。

定員は約60人で開催を予定。市民枠は30人で、無作為抽出で選ばれた市民の方へご案内を送付、そのなかで承諾いただいた方にご参加をいらいするかたちになる。そのほか高校生大学生枠30人は、兵庫大学側で参加者を募集するとしています。

なお、一般傍聴については、熟慮講演会(応募締切6月10日(金))、市民会議(応募締切7月15日(金))、各定員30名(事前応募必須)
応募は兵庫大学社会連携オフィス(電話:079-427-9787・メール:renkei@hyogo-dai.ac.jp)にて受付。傍聴希望者の氏名・住所・電話番号が必要です。

加古川市公式サイト:https://www.city.kakogawa.lg.jp/material/files/group/1/kiji20220527shiminkaigijukugi2022wokaisaishimasu.pdf