加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回 定期演奏会」加古川市


2018年12月2日(日)加古川市民会館 大ホールで加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」が開催されますよ!

加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」が2018年12月2日(日)加古川市民会館 大ホールで開催されます。

指揮に粟辻 聡氏を迎え、交響曲第1番・シューマン、バレエ音楽「ガイーヌ」より・ハチャトゥリアン、幻想序曲「ロメオとジュリエット」・チャイコフスキーなどの演奏が披露されます。

また、開場後にウエルカムコンサートも開催されます。

加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」指揮者・主な曲目

曲目

交響曲第1番 / シューマン
バレエ音楽「ガイーヌ」より / ハチャトゥリアン
幻想序曲「ロメオとジュリエット」 / チャイコフスキー

【指揮】粟辻 聡(あわつじ・そう)(客演)

1989年京都市生まれ。2011年京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻卒業、音楽学部賞並びに京都音楽協会賞を受賞。オーストリア国立グラーツ芸術大学大学院オーケストラ指揮科、スイス国立チューリッヒ芸術大学大学院指揮科を首席で卒業。在学中には、数々のオペラ公演やオーケストラ公演を指揮した。2015年ロブロ・フォン・マタチッチ国際指揮者コンクール第2位を受賞、一躍注目を浴びる。

加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」告知チラシ

2018年12月2日(日)加古川市民会館 大ホールで加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」が開催

加古川フィルハーモニー管弦楽団について

加古川フィルハーモニー管弦楽団は、1972年11月、「アンサンブル・トパーズ」として発足しました。1979年には「加古川ユース・オーケストラ」と改称し、ベートーヴェンの交響曲第9番を第1回定期演奏会に取り上げ以後、毎年冬の定期演奏会、県交響楽祭、地域音楽団体の伴奏演奏などの活動をおこなう。1991年、楽器編成・参加年齢層や構成・地域拡大に伴い「加古川フィルハーモニー」へと名称を変更。加古川の文化振興の一翼を担う市民オーケストラとして数々の活動を重ねる。87年秋には第4回加古川文化賞(現加古川市文化連盟賞)を、2000年秋には、第4回加古川市文化賞・加古川市制50周年特別文化賞。2012年創立40周年を迎えたのを機に、より一層の飛躍を目指して名称を「加古川フィルハーモニー管弦楽団」とする。団員は80名以上、毎週日曜日の午前中に加古川総合文化センターで練習を行っています。

加古川フィルハーモニー管弦楽団「第41回定期演奏会」加古川市民会館 開催情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で