【第29回忠臣蔵サミットin加西】が加西市で開催!

記事はここから

2017年11月10日(金) 加西市で加西市制50周年記念事業「第29回忠臣蔵サミットin加西」が開催されますよ!

加西市は赤穂藩の飛地であり、赤穂義士ゆかりの場所が数多く残っています。

当日は、赤穂浪士ゆかりが深い自治体により交流と親睦を深める忠臣蔵サミットをはじめ、忠臣蔵サミット物産展、上方講談師の旭堂南海氏による記念講演などが企画されています。

忠臣蔵サミットとは

平成元年、赤穂市の呼びかけによって「赤穂義士ゆかりの地」の所在する全国の自治体が、親善と友好を深めながら情報交換を行い、地域の活性化と発展向上のため相互協力していくことを目的に、「義士親善友好都市交流会議(忠臣蔵サミット)」が創設されました。現在、「忠臣蔵サミット」には、全国32の自治体が名を連ねており、「忠臣蔵ゆかりの地」の所在する自治体の一つを開催地とする「忠臣蔵サミット」が、年に一度開催されています。

第29回忠臣蔵サミットin加西

  • 日時:2017年11月10日(金)
    14時から16時30分
  • 場所加西市民会館文化ホール
  • 内容:
    13時 開場
    13時から16時30分 忠臣蔵サミット物産展
    14時 開会
    14時15分から15時45分 交流会議
    忠臣蔵サミット参加自治体の事例発表
    (観覧無料)
    15時45分から16時30分 記念講演(観覧無料)
    『潮田又之丞と北条の忠義膏(ちゅうぎこう)』
    講師:上方講談師 旭堂南海氏
    17時 閉会
  • ホームページ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で