朝から顎が外れた。

こんにちは、ろんぐです。

ここ数日、顎がズレてきている感じがしていました。

近いうち、外れるだろうなと予感していたら、朝5時すぎ、ベッドの中であくびしたら、そのまま左顎が外れてしまいました。

毎回思うんですが、あちゃーです。やってしまいました。

以前ブログにも書いたけど、顎が外れるのが癖になっていて、一年周期で外れては治し、外れては治しを繰り返しています。

最初は歯科で、次に自宅で。自宅で外れた時は救急に駆け込んだっけ。

毎度の事で、五回目あたりから治し方を覚えて、今は自分で元の位置に治している状況です。

 

外れた顎の戻し方

外れた顎は、顎の付け根部分で下顎が上顎の前にせり出した様になっています。(私の場合ですが)

せり出した部分を二本の指で、顔前面から少し斜め下に押しながらスライドさせれば元の位置にもどります。

顎が外れた時に気をつけてほしいのが焦らないこと。

車の運転中や作業中などは、焦りが事故の原因になります。

また、焦れば焦るほと筋肉がこわばり元に戻りにくくなります。

だから、焦りは禁物です。

※自分で治した場合や外れた状態で、痛みがともなう場合は即お近くの口腔外科を受診しましょう。

参考にしたサイト:アゴを戻す方法 3ステップ要約

 

普段の生活で注意したいこと。

大きな口を開けない。顎や顔、首の筋肉のストレッチ。

一番注意したいのが寝る時。横や仰向けにねないこと。

一定期間同じ姿勢に固定すると、顎が在るべき位置がらズレたまま固定され外れやすくなる。外れやすい人は天井を向いて寝るのがベストです。

私の場合はストレッチと、横に寝ないでかなり改善されました。

 

顎が外れても、とにかく慌てない

注意していても、外れるときは外れます。

外れた場合は慌てず、状況により危険事故を回避しましょう。

顎が外れて死んだなんて嫌ですもんね。

痛みの伴う時は早めの対応が必要です。私は一度口が開かなくなりました。

外科的手術や、矯正での治療もあるので気になる方はお近くの口腔外科を受診しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で