「#北はりまエール飯」北はりま26万5000人のテイクアウトプロジェクト開始!西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町


西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町の飲食店を応援する、共同情報発信企画 第2弾「#北はりまエール飯」を実施!SNSで発信しよう!

西脇市観光協会は、西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町の飲食店を応援するコロナに負けるな!共同情報発信企画 第2弾「#北はりまエール飯」を実施!を告知しています。

「エール飯」は、“美味い”はコロナに負けない。力強いメッセージとともに始まった「#エール飯」プロジェクト。地域の飲食店の味を守ろうと大分県別府市が始めたこの飲食店応援企画です。現在、それぞれの地域でそれぞれの#エール飯を発信、全国に広がりをみせている取り組みです。

今回展開される「#北はりまエール飯」プロジェクトでは西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町の北はりま「エール飯」を募集する。

参加方法は、飲食店側は、テイクアウト用の料理を作ってSNSに投稿、お客さんは、テイクアウトした料理を「#北はりまエール飯」のハッシュタグをつけて投稿するだけの簡単です。

西脇市観光協会では「各市町や飲食店で、すでに共通のハッシュタグを決め発信されているところもございますが、そこに是非「#北はりまエール飯」も追加してください。お店のテイクアウトメニューを注文して、情報をどんどん発信し、たくさんの人の目にとまり、そしてそれを知った人がまた注文し、発信する。そんな連鎖が起きることを目指して、皆さんで盛り上げていただければ嬉しいです」と参加をよびかけています。

西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町の飲食店を応援する、共同情報発信企画 第2弾「#北はりまエール飯」告知チラシ

西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町の飲食店を応援する、共同情報発信企画 第2弾「#北はりまエール飯」を実施

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で