神戸国際会館【こうべ べっぴん おふろ学校】受講者募集中!

記事はここから

2018年12月9日(日)神戸国際会館で「こうべ べっぴん おふろ学校」が開催!受講者募集中!

こうべべっぴん おふろ学校を今年も開校
スペシャル講師に小山薫堂氏をお迎えします
神戸市水道局は、平成27年3月に「水道(お風呂)の情報発信等」に関する連携協定を(株)ノーリツと締結し、水を適度に使ってもらうことで新鮮な水を維持し、また市民にとっても健康・コミュニケーション効果がある入浴を促進する取り組みを進めています。
このたび、おふろの良さを神戸市民の方々に知っていただくための学校「こうべべっぴん おふろ学校」を開校いたします。第3回目となる今回は、スペシャル講師として放送作家の小山薫堂氏、対談にて日本入浴協会理事・古谷暢基氏をお迎えし、よりディープにおふろの魅力を発信します。本日より参加者を募集しますので、この貴重な機会をぜひお見逃しなくご参加ください。

内容|
1時間目 講演「湯道について、他」(小山薫堂氏)
2時間目 対談「お風呂の『正しい入り方』~入浴検定公式テキストより~」
(小山薫堂氏×古谷暢基氏)

登壇者プロフィール|
■小山薫堂氏
小山氏写真放送作家。脚本家。1964年6月23日熊本県生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」など斬新なテレビ番組を数多く企画。2008年、初の映画脚本「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得した。
執筆活動の他、京都造形芸術大学副学長、地域・企業のアドバイザー、下鴨茶寮主人などを務める。「くまモン」の生みの親でもある。
2016年より、現代に生きる日本人が日常の習慣として疑わない「入浴」という行為をひとつの道と捉える「湯道」を提唱している。

■古谷暢基氏
古谷氏1967 年、神奈川県生まれ。日本入浴協会理事、国際補完医療大学日本校学長、日本ダイエット健康協会代表理事、日本ルーシーダットン普及連盟代表、(一社)和ハーブ協会理事長。博士(医学)であり日本で数少ない予防医学の専門家。「健康・医療の正しい意識と知識の啓発」を人生の使命とし専門家と一般市民の間に立ち全国を飛び回る。「王様のブランチ」などテレビ出演多数。著書「“入浴検定公式テキスト”お風呂の正しい入り方」(日本入浴協会)「カルボナーラとペペロンチーノどっちが痩せる?」(角川春樹事務所)など多数。

おふろ部とは|
おふろ部ロゴ2016年2月26日(ピースなふろの日)にスタートした、おふろ好きな人の輪を広げていく産学官連携プロジェクト。(株)ノーリツ × 神戸女子大学×神戸市水道局の連携から始まり、メインの活動として、ウェブメディアを運営しています。
現在、参加の裾野が広がり、10大学の学生と5つの自治体職員(神戸市、名古屋市、京都市、堺市、三島市)が部員として参画して、情報発信サイト「おふろ部」でのライター活動や各都市と連携したPR活動を行っています。

スポンサーリンク

場所

神戸国際会館「こうべ べっぴん おふろ学校」開催情報

  • 開催日:2018年12月9日(日)
  • 時間:13:00~15:30
  • 場所:神戸国際会館 地図
    (神戸市中央区御幸通8-1-6)
  • 定員 50人程度
  • 参加費 無料
    申し込み ・締切 2018年11月25日(日)
    ・方法 電話またはWEBにて
    ・電話:神戸市イベント案内・申込センター 電話078-333-3372
    ・WEB:専用フォーム
    ※応募者多数の場合、参加者は抽選により決定
    ※抽選結果は、Eメールまたは郵送にて全員に通知
    お問合せ:神戸市イベント案内・申込センター
    電話078-333-3372
  • ホームページ
  • べっぴん おふろ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で