神戸【白鶴美術館2018年秋季展】が開催!場所は?

記事はここから

2018年9月22日(土)~12月9日(日)神戸市東灘区の白鶴美術館で「2018年秋季展」が開催されますよ!

いよいよ来週の土曜日(22日)から秋季展が開催されます。今回は本館では、約3000年前に作られた中国の青銅器を一挙大公開いたします。新館の中東絨毯も見ものです。
詳細につきましては、添付のチラシをご覧ください。

【関連イベント】

講演会「青銅器の造形 -中国古代からのメッセージ-」
開催日 10月28日(日)
時間 14:00~15:30
参加費 無料(別途要入館料)
講師 九州国立博物館主任研究員 川村佳男氏

特別イベント「屏風作り -紙の役割-」
詳細
(1)本紙の内側を知る
開催日 11月18日(日)
(2)紙蝶番を知る
開催日 12月2日(日)
時間 13:00~15:00
参加費 無料(別途要入館料)
講師 表具師・岡本吉隆氏

ワークショップ
(1)「金文ってなに? なぞって作るキーホルダー」
開催日 11月11(日)・25日(日)
(2)「クルッと反転! 紙が要のミニ屏風」
開催日 11月18日(日)・12月2日(日)
時間 15:00~16:30
参加費 無料(別途要入館料)
指導員 甲南大学学生

※その他

場所

神戸白鶴美術館「2018年秋季展」開催情報

  • 開催期間:2018年9月22日(土)~12月9日(日)
    ※月曜休館、但し月曜祝日の場合は開館・翌火曜休館
  • 開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
  • 場所:公益財団法人白鶴美術館 地図
    (神戸市東灘区住吉山手6-1-1)
  • 入館料:大人800円、65歳以上・大学・高校生500円、中・小学生250円
  • お問合せ:公益財団法人白鶴美術館
    電話078-851-6001
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で