「国際義肢装具協会(ISPO2019)世界大会」神戸コンベンションセンター 神戸市中央区


2019年10月5日(土曜日)~ 8日(火曜日)4日間、神戸市中央区の神戸コンベンションセンターで「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」が開催されますよ!

「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」が2019年10月5日(土)~ 8日(火)4日間、神戸市中央区の神戸コンベンションセンターで開催されます。

国際義肢装具協会(ISPO)の世界大会は、義足や車いす等の義肢装具に関する技術及び教育の普及・振興を目的として開催されるイベントです。

今回のテーマは「Basics to Bionics(基礎からバイオニクス(生体工学)へ」。当日は、従来のリハビリテーション手法や人と機械(リハビリテーションロボット)のより複雑な相互作用や、リハビリテーション分野および支援技術について幅広く紹介され、基礎技術と最先端技術のつながり、また、相互の大切さについても考えていきます。

プログラムでは、シンポジウムやInstructional Course、一般演題(口演・一般)、出展者のワークショップなどが実施。世界各国から、医師や義肢装具士、理学療法士、エンジニアなど数千人が集まります。

同時に一般の方を対象とした、県主催によるパラスポーツイベント「ひょうごパラスポーツフェスティバル」を開催!

  • 開催日:2019年10月5日(土曜日)~ 6日(日曜日)
  • 会場:ワールド記念ホール 地図

神戸コンベンションセンター「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」告知チラシ

2019年10月5日(土曜日)~ 8日(火曜日)4日間、神戸市中央区の神戸コンベンションセンターで「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」が開催

同時に一般の方を対象とした、県主催によるパラスポーツイベント「ひょうごパラスポーツフェスティバル」を開催

神戸コンベンションセンター 場所

神戸コンベンションセンター「国際義肢装具協会(ISPO)世界大会」開催情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で