神戸光の祭典「第25回 神戸ルミナリエ」神戸市中央区

2019年12月6日(金)~15日(日)神戸市中央区の旧外国人居留地や東遊園地周辺で希望の光に導かれて、25年「第25回 神戸ルミナリエ」が開催されますよ!

「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継ぎ、まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に開催される、夜の神戸を約50万個の電球で彩る光の祭典です。

今年の作品テーマは「希望の光に導かれて、25年」。電球数約50万個(LED電球 約 42.4 万個、白熱電球 約 2.2 万個)を使用して実施されます。

スタートととなる旧居留地の仲町通りと浪花町筋の交差点には、作品の総延長は約270mです。まず玄関作品「フロントーネ」は高さ約22m で巨大な3連の門状になっています。京町筋交差点までの約50mには、光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置。さらにその東側には鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」がつづきます。今回、第25回目を記念した特別な演出として、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」とし、「第一回神戸ルミナリエ」で使用していた白熱電球による壁状の作品が展開されます。東遊園地の広場では、これまでにないこころみで毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む、高さ約 21mに至る巨大なドーム状の作品がせっちされる。また、四方に配置した光の尖塔が光の壁掛けでドームと結ばれ、宮殿のような空間を創造します。そのほか、慰霊と復興のゾーンでは、今回初めて「1.17 希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾られる。

そのほか、東遊園地南側の花時計広場には、藤棚に沿って音楽に合わせて光が躍動するように点滅する光の壁掛け「スパッリエーラ」を展開や来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品を設置されます。

【作者・ダニエル・モンテベルデからのメッセージ】
25年目となる今年もまた、 この神戸は賑わいます。
通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。

25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。
私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、
そして私たちの夢と希望を伝えるために。
震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。

兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。
この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。
このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。

2019年12月6日(金)~15日(日)神戸市中央区の旧外国人居留地や東遊園地周辺で希望の光に導かれて、25年「第25回 神戸ルミナリエ」が開催

神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエは、「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催。神戸市の旧居留地において行われている光の祭典で、旧外国人居留地通りや東遊園地の広場を独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションで飾り、昼間とは異なる風景を現出させてその景観が楽しめるイベントです。神戸の冬の風物詩として定着し例年300万人の方が会場を訪れています。「ルミナリエ」は、ヨーロッパのバロック時代(16世紀後半、ルネッサンス期)に盛んに創られていた祭礼や装飾芸術のひとつです。光の魅力を駆使した建築物がその起源とされています。イタリア南部でおこなわれている電気照明をつかった幻想的な光の彫刻が「ルミナリエ」形態のもとになっている。

旧外国人居留地・東遊園地周辺(神戸市中央区)「第25回 神戸ルミナリエ」開催情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で