姫路【古民具再生工房 カエる】妻木敏保さん外美さんがテレビ朝日「人生の楽園」に登場!場所は

記事はここから

2018年3月17日(土)兵庫県姫路市で「古民具再生工房 カエる」を営む、妻木敏保さん外美さんご夫妻が、テレビ朝日「人生の楽園」に登場するそうですよ!

放送は午後6時から。姫路の景色、姫路城も映し出されるとのことで要チェック!

兵庫・姫路市
~ 古民具に命を吹き込む ~

次回は、日本が誇る世界文化遺産・姫路城がシンボルの兵庫県姫路市。この街で、定年退職後、趣味が高じ古民具再生工房を開いた妻木敏保さん(74歳)と妻の外美さん(73歳)が主人公です。
福岡県生まれの敏保さんは、父の仕事の関係で小学校入学時に姫路市へ。高校を卒業後は、石油関連企業の技術者として働き始め、24歳の時に高校の後輩だった外美さんと結婚。2人の女の子が生まれました。若い頃から日曜大工が趣味だった敏保さん。50代になると、友人達の助けを借りて、山小屋を建てられる程の腕前にまで上達していました。
敏保さんが古民具の再生を始めたのは定年退職後。処分する筈だった外美さんの母の形見のタンスを引き取り、その一部を加工して飾り棚にリメイクすると、外美さんが喜んでくれたことがきっかけでした。さらに、木製の古民具が粗大ごみとして大量に捨てられている姿を見て「もったいない」という思いから、埃だらけのセイロや使い古された桶などを持ち帰っては、別の用途のインテリアなどにリメイクするようになりました。そんな趣味を敏保さんが始めて4年後。再生した古民具で初の展示会を開くと、お客様の反応も上々。ますます制作意欲が湧き、その後もアイデアを練っては様々な作品を生み出していきました。その数、今では200点以上。家のいたる所に敏保さんの力作が並んでいます。そんな趣味に没頭する敏保さんに、外美さんは、「家中が夫の作った物でいっぱいで、自分の好きな物は追いやられた」と言いながらも、温かく見守っています。そんな熱心な活動が徐々に口コミで広がり、近頃は思い出の品をリメイクして欲しいと頼まれたり、展示会をして欲しいと依頼をされることも多いといいます。そんな声に後押しされ、2013年、自宅の車庫を改装して「古民具再生工房 カエる」を立ち上げ、毎日作品作りに奮闘しています。
日曜大工の趣味が高じ、古民具に新たな命を吹き込む敏保さんと、それを温かく見守る外美さん。そして、ご夫婦を応援してくれている地域の皆さんや、作品に触れた多くの方々との交流の様子を紹介します。

古民具再生工房 カエる
自宅横の工房で様々なアイデアで古民具を再生している敏保さん。作品をご覧になりたい方は、9月と11月に展示会の開催が決まっておりますので、是非行ってみてはいかがでしょうか。

展示会予定
『時を経て甦るいのちの温もり』古民具アート作品展
会場:長永寺(宍粟市千種町千草)
開催期間:2018年9月6日(木)~8日(土)
開場時間:午前10時~午後4時(最終日は午後3時まで)
お問い合わせ先:0790-76-2091

『古民具再生工芸展』
会場:赤穂市立民俗資料館
開催期間:2018年11月1日(木)~12月2日(日)
※毎週水曜は休館
開場時間:午前9時~午後5時
お問い合わせ先:0791-42-1361

人生の楽園

 

 捨てられる古い民具をアート作品に再利用した「いのち再び」展が3日から、兵庫県姫路市安富町安志のおうちかふぇ・ギャラリー四季で始まる。洗濯板の中央をくりぬいて枠にした鏡など、趣向を凝らした約50点が並ぶ。27日まで。
同市飾磨区中島で「古民具再生工房カエる」を構える妻木敏保さん(74)が作品を展示する。

神戸新聞 2018年02月01日

 

古民具を別の用具にリメイク

2015年11月20日
古民具再生工芸展を開いた妻木敏保さん
古民具再生工芸展を開いた妻木敏保さん
使われなくなった寿司桶や洗濯板などの木製品を棚やオブジェといった別の用具にリメイクした「古民具再生工芸展」が加里屋の赤穂市立民俗資料館(前田元秀館長)で開かれている。
姫路市飾磨区中島の元会社員、妻木敏保さん(72)が加工した約100点。背負子にがんじきを組み合わせた飾り棚、木桶をフレームに再利用した掛け時計、やぐらごたつに電球を入れたランプなどが並ぶ。

赤穂民報

 

古民具再生工房 カエる

  • 住所:姫路市市飾磨区中島
    ※番地等は不明

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で