稼げる!「note」はまだまだ成長します!個人の電気出版が当たり前になりそうでですね。素晴らしい!

記事はここから

こんにちはロング(@rongkk1)です。

「写真のキャプションひとつ400円から600円。資料みて言葉ねってコピー絞りだしてそれか!」とグチを聞いていました。

グチってる場合じゃないどすよ!そんなあなたには「note」で稼ぐ事をおすすめします!

個人電子出版が当たり前になります。いや、なってます。書ける、情報発信したい人は使わないと損!文字ものに限らないで幅広く使いかた、やり方が試せますよ。

作家志望の方は即登録、電子出版です。間がないので著作権からの印税を考えると、出版通しのメリットはかなり薄くなります。出版社はコンサルのようになるかもね。紙ベースの書籍を作家や気になる人材に頼んでも断られる場合が増えるかも、頼まれればやるけどギャラが見合わないとやらなくなるでしょう。いまのイケダハヤトさんの動きが出版のカタチになりますよ。出版会社は生きのこりをかけ金をかけて人材確保しないといけませんね~大変。

イケダハヤトさんのようにデシタル媒体での拡散力やweb慣れがものをいいます。習うより慣れろ!です。特別な技術よりやり慣れが大切です。

面倒、ダメだよなんて言ってないで書けるならやりましょう。書きはじめ、試しはじめると今も未来も楽しめますよ!

 

武器としての書く技術 (中経出版)


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で