子どもの習いごとはお金がかかる!最近知った恐るべき習いごとはこれだ!

子どもの「やりたい!」には親としては何とかしてあげたい気持ちってありますよね。それはきっと誰でもそうでしょう。こんにちはロング(@rongkk1)です。

 

しかし、最近の習い事の月謝や入会金は半端ないですね。

うちはまだまだ、塾なんて通っていませんが、塾の月謝も目が飛び出しましね。

え?僕が知らなすぎるって?

う〜ん。でもね〜。

 

塾、月謝三万円。

ありえない。ありえる?わからない。今の塾って科目別の課金だったり、学ぶ内容によって違うんですね。

こりゃ、小さいうちから勉強グセ、勉強方法を教えておかないと家計てきに大変なことになりますね。

よく、じいじ、ばあばが勉強なんてしなくていい!なんていいますが、しないとダメです。

程度問題だけ、学ぶ学び方により、勉強が楽しくなったりするので、始めの勉強グセは必要です。

僕なんかも、勉強グセがついたのが、中学二年生ぐらいからで、めちゃんこ苦労した。勉強全然できないし、本も読んでこなかったから。

子どもの頃の勉強や学びの失敗経験がめちゃんこ大切!

あ、ただ3万の塾の内容聞くと、いい塾な感じです。ただの詰め込みじゃなく、学ぶベテランが教える学びの楽しみ方、な感じでした。さすが3万。

 

野球教室、月謝三万円、入会金別途。わぉ。

ひえ〜。スポーツ嫌いな僕にはわからん世界やわぁ。

けど、そこの野球教室は生徒200ぐらいは居るんじゃないかな。

なにやらプロだった方が教えてくれるらしく大人気なんだとか。

野球教室も傍目、子どもより親の熱が激しいですね。

スポーツは、いつの時代も親の子どもに託す夢熱が凄いですねえ〜。

さすがに子ども達は鍛えられてて、凄く上手いんです。
月謝が高かろうが、なんとかするぜ!

できるかぎり、、わ、ね。

月謝。恐るべき家計への影響力。
今日もありがとうございます。

そして、親の子どもの為にって愛情力は底なしだわね。

灘高→東大合格率ナンバーワン 伝説の入江塾は、何を教えたか

成績が落ちる学習塾の見分け方: 学習塾選びには仕組みと本質の理解が必要です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で