「悪運が強い」は「強運の持ち主」とは違う。そして「悪運が尽きる」というのも違ってた。

記事はここから

  • 「悪運が強い」とは、悪いことをしても咎(とが)められず、罰もあたらないこと。

まるで違う意味で使っていましたね。

どんな状況でも切り抜ける強運と思い込んでいました。

「悪」という文字がなんで付いているのか、良く考えなかった。

間に「の」を入れると

「悪の運が強い」となって、イメージがつながりました。

 

じゃ「悪運が尽きる」というのはどんな意味なんだ

  • 「悪運が尽きる」とは、悪いことをしていた報いがかえってくるということ。

悪い事の報いがかえってくるという「悪運が強い」の反対の意味になるんですね。

どうも、イメージだけで言葉を使うのはよくないなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で