失敗は楽しい。とにかく自分で考えて行動してみる。

記事はここから

失敗大王。こんにちはロング(@rongkk1)です。
何度となく書いてきた失敗の大切さ。やっぱり何度と書いていても、大切だなぁと感じることが多いです。べつにおっさんは失敗についてポジティブだから失敗が平気だという訳ではない。

そりゃ、失敗したら凹むよ。

でも失敗したから自己存在が否定されたりはしない。他人からの否定はあるかもしれないが自己否定はしない。他者の否定も実験の失敗なので仕方ない。そんなリスクは当たり前だ。

6月から始まったモデルのスチール撮影が順調に進んでいる。撮影が始まるまでの機材テストを一月もかけてやった甲斐があった。機材が足りないのは技術でカバーして無事に進んでくれた。

撮影カット数も程よく、時間も2時間内におさめることに成功した。ただ、現地でのセット設営には時間がかかる。そこは助っ人をたのみカバーした。

2回も無事に終わり、残すはあと5回。

正直、毎回撮影内容がかわり雰囲気もセット場所も変わるので、その場その場に合う方法を現場で考えるのは面白い。

大変ではあるが、現場での対応力が格段に上がる。

やっぱり実験室や頭の中のシュミレートでは、なかなか空気感の緊張感まで再現できないので、緊張が及ぼすヒューマンエラー失敗は再現できないからだ。

やっぱり現場が最高のレベルアップにつながることはいうまでもない事実だ。

現場に向かう所からの、おっさんの心理面をしっかりメモ、作業が終われば、結果をもとに何度もトライアルアンドエラーを繰り返す。

結局、おっさんの仕事は、仕事完了までの工程を10とすると、9が実験と失敗で1が完成ということになる。間違いなく。

そんなんで、

失敗は楽しむものです。

おっさんはこれからも失敗ライフを楽しんでいきますよ~

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で