消耗しない。僕が生きるために考えていること。走り書きシリーズ第一弾。とめどなく書き留めた文章にならない言葉が、おっさんらしいね。

記事はここから

何だかメモ帳に走り書きしていたのが面白かったので

 

昔取った杵柄なんていらね〜

最後は何だって情

 

見下ろすより、見渡す

根拠は自分で創れ

未体験が全て糧となる

ソーシャルキャピタル

 

あきらめと言う名の絶望と、やってきた事はうらぎらない本当と

生き方は人そのものである。

ひとそれぞれに文化を創ってるんだね。
あ、僕は自分の文化を創って販売しているんだ。
文化っていうとお袈裟に聞こえるけど、
個性といえばわかりやすい。

考える前に手も足も動いてる
思考はもっともっと先にいってる。
最近、後先考えずに手や足が動いてしまう。

サイト人格プロジェクト

 

生き方や未来は、いくらでも変えられるのさ。

書いてる自分が面白い。

ごめんなさい。競争してる暇ないんです。
ほんとに無いんだよね。
てか興味ないし。

毎日実験だらけやで。なかなかな充実感ですぜ旦那!
なんだかわけわからないタイトルだが、毎日実験しまくりです。
まず、やったこと無い事ばかりしてます。
とにかく「やってみましょう」である。概ね失敗。基本成功するまでリベンジしまくりです。

自分の弱さと上手に付き合う人って尊敬するなぁ〜。素敵やなぁ〜と。
人は弱さを見せたくないものです。
でも、弱いんですよ。
強い人なんて居ないだろうと。

まずは身の回りの整理から始める事にした。
なんだか、麻疹のようなものかも知れないがか、人の死に直面すると、いつも身の回りを整理する癖がある。
理由は簡単。いつ死んじゃうかわからないから整理だけはしておきたくなるのだ。
最近、色んなことを詰めすぎで、色々と広く浅くだったんだけど、もう、なんか納得しちゃった感があって、一気にやりたいことだけに集中しようと思います。
あれもこれもと気になることは有りますが、時間が有限なので、

自分が楽しみたいなら、自分だけで楽しめばいい。
そうだったのだ。
なにも誰かもたのしませる必要なんてなかったのだ。そんなものは、たんなる独りよがりなエゴなのだ。
なんだか、最後の最後まで、身体の重さになっているものの原因がわからなかったが、今さっき、ピンときた。
自分の楽しみは自分の楽しみなのだ。
確かに誰かの為ってのはいいことだ。
やり終えたあとの爽快感もたまらない。
しかしだ、自分がやってみたいが、必ずしも他人の為だといのはない。
やりたいことは、自分の中からでてきたもので、だれかがが与えてくれるものでは無いね。
自分が楽しみたいが故に、他人をつかうのも良くないと話したけど、やっぱりそうだ。
自分の楽しみは自分で生み出すのだ。
誰かもたのしませようなんてのはエゴだよ。

空気づくり

 

苦しんでもいいモノは作れない

自産自消

僕は何に焦りを感じていたのか。が焦っていたのは何か?
しっぱいした自分を周りにさらす

信用はお金にかわる。お金で信用を買う。
あたなは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で