消耗しない。僕が生きるために考えていること。走り書きシリーズ第二弾。とめどなく書き留めた文章にならない言葉が、おっさんらしいね。

記事はここから

言葉でねじ伏せたところで勝ちではない。
上手くやりたいなら共感させろ!

答えはない、答えはない、味方を変えれば色々

心が自由になれないのだ

結構強めの雨が車のフロントガラスを叩いている。

だめだなぁと思っいながらも、常に軌道修正する人。
だめだなぁと思いつつ忘れるひと。
前者と後者。だめだなぁとは気づいていても、その後の対応で全てが変わります。

「43歳だから、もう転職は無理」と言う嘘。

魅惑の東京ディズニーランドへ行ってみたい。
リアルに散財してしまうことになりそうなねで、中途半端な遊びにならないよう注意いしたい。
そう毎回いけるわけではない。

加古川のヤンキーはマイルドヤンキーなんだって。?!

諦めろ、は緊張しきった頭を解放する激薬である

新聞社が新聞社でなくなる。メディア発信社

「気にしない」が最強です。
ほんとうに、気にしないが最強です。
なぜ、そんなにポジティブなの?と聞かれることがあります。
正確には、ポジティブより気にしないから、楽観的にみえ、前向きに見えてるだけなんでしょう。
また、強くもみえるようです。
実際はそんなこともないんですがね。
昔は

からあげ隊長の暮らしが楽しみな毎日です。
さて、僕が小屋暮らしをするのは明日かもしれない。
なんてね
今日もありがとうございます。
未来は何が起こるかわからないですからね。
ほんと。

自分の「負」について話せる人は、かなり真面なんですよ。ほんとに。

裏山の緑は鮮やかすぎて目がいたくなりそうです。
ブログをはじめて9ヶ月、

こどもが赤ちゃんの頃、酷いアレルギー症状だった。でも、今は全然もんだなくなく

ひとの寂しさについて。
人にはそれぞれ、寂しいと感じる時がある。
特に一人になった時や、一人だと感じる時の孤独感との付き合い方は、頭を悩ませる。

最近あたまの中は真綿だらけです。
人間関係においてどちらかが真綿のようなイメージならぶつかり合わない、という考えからです。
また話しを聞く。とにかく聞くを実践しています。

夜中パチリとテレビをつけると、僕の好きな「ねむの木学園」の特集がニュースで流れていた。
園長さんの素敵な言葉が頭に残った。
「言葉は思いを伝えきれない。」
「何かができないぶん、何かにエネルギーがあつまる。」
「かわいそうと思えば、相手は劣等感をもつ」

車は運転するものではなくなる。

他人を叩くことで成長することはないんです。

あ、あ、もう山に小屋たててこもりたい気分だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で