手に職をつける

記事はここから

17歳で手に職をつける。流れとしてはとてもいい流れ素晴らしい!こんにちはロング(@rongkk1)です。

yamashi

「手に職つけて早く働きたかった」 17歳のエンジニア女子高専生・やましーインタビュー

 

やましー:プログラミングを専門的に勉強したいと思ったのと、今大学生がやっているリクルートスーツ着て、何十社も受けるような就職活動は、自分は嫌だなと思ったので。手に職を付けて早く働けるように高専にしました。

――その頃から、将来のことを考えていたんですね!

五十嵐:時代が違うというのもありますが、自分がコードを書くようになったのは24歳からだったので、凄いアドバンテージがありますよね。今の若い世代は恵まれている分、競争が激しくなっているという難しさはありますが、やましーさんのように、17歳なのに出稼ぎみたいに1か月東京に来て、経験値を荒稼ぎして、というのは羨ましいですね。

――そうですよね。やましーさんは今回どういった経緯で、働いているのでしょうか。

やましー:高専に進んだのですが、座学が多くて、実際にコードを書いて応用する授業はあまりなかったんです。それで自分で勉強会やインターンを見つけて、経験を積もうと思いました。昨年の夏休みにも別の企業で働いていて、この春は勉強会で知り合った縁で五十嵐さんの下で働かせてもらっています。

http://lite.blogos.com/article/171759/?axis=&p=2

今、若年で働くを意識する人が多いのは、なんか、いいなぁ。

しかも、地元明石高専からかぁ〜!
いいエンジニアを教育してるなぁ。
レベル高いわ。

 

本校の使命

本校は、教育基本法の精神にのっとり、学校教育法に基づき、深く専門の学芸を教授し、 職業に必要な能力を育成することを目的に、高等教育機関として社会に対して、三つの使命を担っています。

mission

本校の教育目的

本校では豊かな教養と感性を育てると共に、科学技術の進歩に対応した専門の知識・技術を教授し、以下の能力を備えた技術者を養成することを目的にしています。

education

https://www.akashi.ac.jp/

いい理念です。何度か明石高専の学生さんとは出会うきかいがありましたが、皆さんが発想が柔軟で自発的な活動タイプが多いように思いました。

活発に意見を交わしてる姿にら共感しましたね。

やましーさんみたいな方が、どんどん排出されれは、ものづくり面で、ソフトもハードも楽しく働ける環境かできて、ものづくりの考え方もエンジニアの在り方も、働きかたも、よりよく自分を活かせるようになりそうなんだけどね。

 

プログラムの分野は、今後、就業の低年齢化があってもいいんじゃないでしょうか。産学ではないけど、教育現場でより実践を取り入れる。そんな環境が自立心や自己肯定感を増すから。

トライやるウィークやインターンも、三段回ぐらいに分けて、夏休みは本腰バイトとかあっていい。稼ぐまでの流れを身体で学ぶ場があっていい。

実際やってみて、いける!なんて意識できる人がでてきたらめっけもの。確証のない種まきかもしれないけど、どんな会社や教育機関でも、金をケチらず試して欲しい。

ことプログラムの分野は低年齢化でもいいと思うといったけど、これがきっかけになり、他の分野でも低年齢化し、働くを意識した学ぶ場が広がりをみせてくれたら最高だな。

 

スポンサーリンク

女性だけじゃないよ。男性も若手は伸びてる。

プログラム、農業、エンジニア。目立つのは圧倒的に女性が多いのかな?それとも、みためにいいからかな?
僕の周りには、若手の男も多いし、若い夫婦の起業なんかも少なくない。
何かを始めるのに若すぎるなんてない。
また、歳くいすぎてるなんてのもね。

50から60のおじさんに言いたい、そんな若手が失敗してもあげ足とって保身にはしるなよ。

許して、かばってやるこった。でないと明日の自分はないと思え。

 
今日はありがとうございます。
僕の若い頃もおなじだったのかなぁ、なんてね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で