物事がうまくいく人、いかない人。言葉でひとは騙せても やってきた事では騙せない。

記事はここから

自分の実力を度変えしした嘘で自分の実力を話すひと。実力度変えしの態度で周りを騙すひと。この手のかたは、たいてい言葉が上手い。その才能はかなりある。しかし、自分で動くのが嫌いで、直ぐ上から目線で人を動かすことに頭をつかう。

ただこのタイプは何人がみたが、大抵嘘が時間がたつとばれてしまうのだ。時間がある間に実力をアップすりゃいいんだけどしないんだよね。

みてきたなかで共通することがある。嘘がバレ始めると、ビックリする位のスピードで姿を消す点。

そして、安全圏を探しバレない場所に移動し続ける点。

スタイルは絶対に変えない点。である。
昔、師匠が言ってた。どんな人でもある事だよ。ただね、言葉が上手いと言葉で世界観を作り上げちゃう。小説みたいなもんさ。物書きの才能はあると思うんだけどね。そんな人と何かすることもあるわけじゃない。信じられない事も起こるじゃない。

どうしたんてすか?

え?まー信じるよ。最後まで。

仕事自体はその人が居ななった地点で上手くすすんだよ。

腹がたつもなにも、哀れだよ。きっと今までもずーっと同じ人生パターンさ。変えられないんだなって思ったら哀れでね。辞める空気があったからね。他にも迷惑を波及しない注意だけしてただけかな。

みててわかったのは、同じ人生繰り返してるんだなぁっていうこと。あと、周りをまた問題のない環境に変えること。付き合いなんて完全リセットだよ。信じてくれる場所に行くこともあるけど、長期間はもたないよ。実際がちがうからね。

ふーんそんなもんなんですかね。

そう、言葉で作文しても過去の積み重ねは無くならない。それも含めて己だよ。

誰しもにた様な事はあるだろうけどね。でもね、そっちは積み重ねたらダメだよ。嘘は現実になると身を滅ぼすよ。

ふーん。
反対に上手く行く人は、人が向こうから来るね。なんてんだろ、ほっといても上手くいく環境を生み出せるんだよ。あれも天性かもね。

嘘ついてても上手くいっちゃう。これを行かない人は猛烈に悔しがるんだけどね。けど、元はみんな同じなんだけどなぁ。悔やんで恨んで、それに勝りたい気持ちが上手く行かない原因だし、競わなきゃならない地点で負けてるんだよ。だって、競争なんかしなきゃ負けないんだよ。負けることがないからね。

なんで勝負したり、闘う必要ないのに戦闘モードなのかわからない。

わかるのは無いものねだりなんだろうけど、人がもってるものばかりみてるからダメなんだよなぁ〜。

上手くいっちゃう人って、基本自分。他人の中に自分を見ないし、みてない。好き、楽しいに直感的。ま、あくまでもおっさんのみてきた範囲たけどね。

上手く行かない自分も含むて自分でいいやん。

うそは長続きしないよっと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で