叱責、罵倒、怒鳴。なら自分でやったらいいんじゃないですか?あなた不幸ですよ。

記事はここから

怒鳴って叱責するのはおよしなさい。こんにちはロング(@rongkk1)です。

その負、まわって自分にきますよ。必ず。

最近、怒鳴られたり、叱責されてストレスためまくってる人から相談を受けます。
僕の返答は我慢するな。です。とくに、辞めようと考えてるならなおさら、自分にも悪い面があったとしても、一度場所を選ばずオープンにしてみるべきです。

まわりに迷惑が、なんて考えてる間はないでしょう。潰れて体調崩したら元もありません。自分を守るためには自分で動かなきゃだめ。

スポンサーリンク

怒鳴、叱責するひとは不幸なんです。でも哀れみは不要。

哀れみなんぞ不要。スルーしましょう。
自分が悪かろう、非人間的な言葉をあびせさせられる理由にはならない。
叱責、汚い言葉は不幸の連鎖を引き寄せる。
知らず知らずのうちに、別の場所でのストレスを会社に持ち込み、当たり散らしている人を見かけます。一瞬にしてブースの中は真っ暗なブラックホールになり負のオーラでみたされる。パーテンションのみの区切りだと、他の部署にも丸聞こえ、更にブラックホールを広げてしまう。

怒鳴っても叱責しても、悪口いっても良い方に事は転ばない。

ただ相手を萎縮させ、動きを悪くして、また同じ失敗します。

失敗→怒る→萎縮する→失敗

この不毛なループを繰り返す結果になります。
怒鳴って、叱責して、悪口言えば言うほど自分を削るだけです。自己消耗を早める要因にしかなりません。
怒って人生消耗中?なんて人生もったいないよ〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で