30年前、犬の餌ってなにをあげていましたか?鹿肉コロッケを食べながら思い出していた件

記事はここから

30年前に犬に餌をあげていたことを思い出してみました。こんにちはロング(@rongkk1)です。

鹿肉コロッケ食べてて思い出しましたんです。そういや、鹿肉を使ったドックフードがうれてるそうです。こんなの

獣医師が愛犬の立場になって開発した鹿肉ドッグフード「ドッグスタンス」みたいなものが色々販売されているそうです。しかも、結構栄養が凝ってるんですよね。

鹿肉は脂身が少なく癖がないから、最近テレビや近隣で見かけるデブ犬にはもってこいのドックフードなんでしょう。人気があるのはわかる気がする。
獣害として処理される鹿を有効活用しているのでしょう。昔は夕飯の残りがそのまま犬の餌になってたなぁ~て思い出しました。30年前ってデブ猫とかデブ犬はあまり聞いたことなかった。犬は餌をやればやったぶん食べるので飼い主の管理がきちんとしていないといけないって聞いたけど、昔のほうがきちんとしてたのかなぁ。それとも餌がすくなかっただけなのか。

そういえば「ひょうごクリエイティブビジネスグランプリ」でも受賞していた鹿肉を利用した完全無添加ドックフードがありましたね。

「最優秀賞(1社)」
NPO法人cambio(カンビオ)(多可町)
鹿肉を利活用した、完全無添加ドッグフードの製造・販売。障害者雇用の創出や耕作放棄地・遊休施設の有効活用、町の鹿処分費の軽減などをトータルで解決

鹿肉をつかった完全無添加ドッグフードの製造かぁ~やるな兵庫県多可町!しかも障害者雇用の創出まで!!凄い!

多可町発の地域課題解決型ドッグフード。
多可町産の 鹿を精肉より加工し ホントにいいものに拘った
完全無添加の わんちゃんのご褒美シリーズです。
愛犬に 安心と健康を考えたら・・・

・鹿肉でできた無添加ドッグフード!動物栄養学や、専門家、イタリアンシェフなどから、犬の立場で考え開発しました。こだわりの 完全無添加ペットフードブランド TASHIKA です。
・精肉からの厳選を行い、愛犬の健康を第一に考え 国内唯一といってもいい旧給食センターでの手作り製造販売。食材厳選に加え製造環境・安全・安心な工程です。
・ 特に拘った 天然ジビエの シカ肉は高タンパクで低脂肪(低カロリー)という栄養学的特徴がある。さらに鉄分の含有量も非常に高い。こうした特徴から、生活習慣病といった病気の予防につながる食品として注目。
ヘモグロビンやミオグロビンといったヘム鉄を含むタンパク質を含み 栄養価を壊さずに低温調理法と骨のカルシウムも活用しあなたの愛犬の本来の生命力を呼びさ まします。
・ 日本で育ったわんちゃんには、国内製造販売での工場直販だから約束ができる。自然の恵みをそのままに 環境にあったお食事をどうぞご一緒に・・・。
・ ドライフードは、健康第一の食材の為 好き嫌いがでやすく まずは 無料サンプルを希望頂きお試しください。

 

今は鹿肉の需要がドックフードなど人以外への利用と限定的です。でも今後、牛肉や豚肉の価格上昇がとまらなければ、国産肉を好む人に受け入れられてくるんじゃないかなと思いますね。最近じゃ狩猟もブームのようで、男性のみならず女性のハンターも急増中とのことだし。犬も人も鹿肉食って獣害へらしに一役かってもいいんじゃないでしょうかね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で