Bライフ実践者の冒検家からあげ隊長が、アメリカのパシフィック・クレスト・トレイル(通称PCT)を歩くって!4200km!

からあげ隊長が、アメリカのパシフィック・クレスト・トレイルを歩くだとおおおお!

いつも楽しみにしているからあげ隊長のブログ。アメリカ遠征だ!すごいです。びっくらしたわ!楽しみ!

来年はアメリカのパシフィック・クレスト・トレイル(通称PCT)を歩くことにした。
太平洋岸の西海岸、メキシコ国境からカナダまで続く全長約4,200kmの長大なトレイルだ。
なぜPCTを歩く気になったかは、またそのうち書くとしよう。

え!全長約4,200km!
なななな!先日歩いていらした「みちのく潮風トレイル」が700kmでしょ。およそ6倍ですか!想像つかない距離。

みちのく潮風トレイルとは、青森県八戸市から福島県相馬市までの海岸線沿いに延びる全長700kmの山あり谷ありのトレイルだ。

みちのく潮風トレイルを歩くのに一月かかりましたよね。パシフィック・クレスト・トレイはその6倍、単純計算6カ月も歩くの!
ああ~~~~~~~~~~、とっても楽しみ。

パシフィック・クレスト・トレイで検索すると色々でてきた。日本人も学生からサラリーマンと挑戦しているようです。

takahisa-nezu

根津 貴央

1976年栃木県宇都宮市生まれ。大学卒業後、コピーライターとして広告制作に従事。2012年、ハイキングの魅力を伝え、山遊びの裾野を広げるべくライターとして独立する。
同年、アメリカのロングトレイル「Pacific Crest Trail(PCT/総延長4,265㎞)」のスルーハイクのために渡米し、5カ月間歩く。この経験を契機に、国内外で「ロング・ディスタンス・ハイキング」を実践するようになる。

映画にもなってる。

1600kilo

「わたしに会うまでの1600キロ(原題:Wild)」

『わたしに会うまでの1600キロ』は、2014年のアメリカ合衆国のドラマ映画。原作はシェリル・ストレイドの自叙伝『Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail』である。監督はジャン=マルク・ヴァレ、主演はリース・ウィザースプーンが務める。 ウィキペディア

関連ページ:http://www.foxmovies-jp.com/1600kilo/

 

しかし、しかしだ、映画になろうが、日本人のだれかしが走破していようが、おれが読みたいのは、見たいのはからあげ隊長の挑戦だ!いまからどんな冒険ブログがみれるのか楽しみ!

からあげ隊長の日記

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で