キタァーーーー!NHK 1月21日(土)から『精霊の守り人』の新シリーズ『悲しき破壊神』がはじまるうう!

記事はここから

NHKで1月21日(土)から『精霊の守り人』の新シリーズ『悲しき破壊神』がはじまります!

グラフィックやアクション好きにはたまらないドラマ、シーズン2放送は嬉しいですね~!全開の放送もかなり好評だったようだし、今回も期待できそう!

主演のバルサを演じるのは綾瀬はるか。バルサの幼なじみタンダを東出昌大。ヨゴ王国の皇太子チャグムを板垣瑞生。

う~ん、今回もアクションが激しそうなので楽しみだわ!

 

nhk-seireinomoribito-03

nhk-seireinomoribito-02

【『精霊の守り人』新シリーズに向けて】
1月21日(土)から『精霊の守り人』の新シリーズ『悲しき破壊神』の放送が始まります!

今回は、昨年放送された第1シリーズを振り返りつつ、新シリーズから新たに登場するキャラクターをご紹介したいと思います!

≪第1シリーズのストーリー≫
短槍使いの女・バルサは、青弓川に流された新ヨゴ国の第二王子・チャグムを助けたことがきっかけで、チャグムの用心棒となり、国から逃亡します。
チャグムの体には、もうひとつの世界「ナユグ」の水の精霊<ニュンガ・ロ・イム>の卵が宿っていて、それを恐れた新ヨゴ国の帝が、チャグムを殺害しようと計画を立てていました。
チャグムは追手たちから襲撃され、同時に、ニュンガ・ロ・イムの卵を食らうナユグの怪物・ラルンガからも命を狙われてしまいます。
バルサはチャグムを懸命に守り、幼馴染のタンダや呪術師のトロガイの力を借りながら、なんとかラルンガを撃退。卵も守り抜くことができました。
チャグムは、第一王子のサグム皇太子が亡くなったことにより、新たな皇太子となることに。バルサとチャグムは再会の約束を交わし、別々の道へと歩き始めました。

それから4年。バルサは暗殺未遂のためお尋ね者となり、隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていました。
そんなバルサと、新ヨゴ国の皇太子となったチャグムが新たに出会う人物が、ロタ王国、そしてタルシュ帝国の人々です。
その中でも、バルサとチャグムが深く関わることになる4人の人物をご紹介します!

≪ロタ王国≫
①アスラ(鈴木梨央さん)
ロタ王国で抑圧される“タルの民”の少女。恐怖や強い怒りを感じると破壊神<タルハマヤ>を召喚し、周囲の者をなぎ倒し、殺りくします。その恐ろしい力を持つアスラをめぐって争奪戦が繰り広げられ、バルサが用心棒となります。
演じるのは鈴木梨央さん。その演技力の高さは、まさに天才子役!鈴木さんの迫真の演技にご注目ください!

②シハナ(真木よう子さん)
ロタ王国の呪術師で、王家に仕える密偵カシャルの一員。アスラの力を利用しようと考え、アスラの前に立ちふさがる用心棒・バルサと闘うことになります。
演じるのは真木よう子さん。バルサとの格闘シーンでは、見事なアクションが見られそうですね!

≪タルシュ帝国≫
③ヒュウゴ(鈴木亮平さん)
チャグムを追う密偵。帝国の第二王子・ラウルの命令で、各国に情報網を作ります。
演じるのは、2018年大河ドラマ『西郷どん』の主演にも抜擢された鈴木亮平さん!今回はどんな演技を見せてくれるのか、とても楽しみですね♪

④ラウル(高良健吾さん)
タルシュ帝国の第二王子。明晰な頭脳を活かし、他国を侵略。その野望は新ヨゴ国がある北の大陸に向けられています。
演じるのは、高良健吾さん。朝ドラ『べっぴんさん』の役とは真逆の、冷徹な悪役ぶりが見られそうですね!

この4人以外にも、豪華実力派キャストによる個性的なキャラクターたちが続々と登場します!
バルサはアスラを守り抜くことができるのか、また、チャグムと再び巡り会うことはできるのか、展開が楽しみですね!
新シリーズが始まるまでの間に、第1シリーズを観返してみるのもおすすめです。
悲しい過去を背負いながらも、運命に逃げずに立ち向かうバルサとチャグムの戦いと交流を、どうぞお楽しみください!
『精霊の守り人』第1シリーズはこちらから☆(NHKオンデマンドでは、新シリーズの予告動画も見られますよ)

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009050444_00000

NHK-フェイスブック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で