「生野銀山坑道外コース」「竹田城跡からの雲海を360度のパノラマ」のストリートビューが公開!その他にも但馬のええとこがストリートビューで公開中!

ええ!「生野銀山坑道外コース」「竹田城跡からの雲海を360度のパノラマ」されてるって!というよりこんな場所に登る場所があったことを初めてしりましたよ!なんども生野銀山には出かけているのに!今度出かける際は登ってみよう!


2017年3月に生野銀山を含む市内のGoogleストリートビューが新たに公開されました。

ストリートビューは、Google が提供するGoogleマップの機能の一つで、街中や観光名所等をその場にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけるサービスです。

今回公開されたストリートビューは、Google の「ストリートビュートレッカーパートナープログラム」に、朝来市が参加し撮影しています。撮影は2016年12月に約1週間かけて、生野銀山、竹田城跡、竹田城跡登山道及び立雲峡等をストリートビュー撮影用機材「トレッカー」を担いで歩きながら撮影したものです。

今回新たに公開されたエリア

(1)竹田城跡 ※竹田城跡からの雲海を360度のパノラマで見ることが出来ます。
(2)駅裏登山道、表米神社登山道、その他(中腹駐車場~竹田城跡収受棟)
(3)竹田の街なみ、竹田城下町交流館(入口)、旧木村酒造場EN(庭園)、山城の郷
(4)立雲峡(駐車場~第一展望台) ※竹田城跡を遠景で見ることが出来ます。
(5)生野銀山(入口~坑道外)
(6)あさご芸術の森美術館(広場)、茶すり山古墳、ヒメハナ公園(園内)

関連ページ:http://www.asabura.jp/news/4895

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で