楽しそう!伊丹市立美術館で、しりあがり寿の現代美術『回・転・展』が開催されますよ!

記事はここから

これは行きたい!伊丹市立美術館で、しりあがり寿の現代美術『回・転・展』が開催です!

開催期間は、2017年1月14日(土)から3月5日(日)です!

しりあがり寿の展覧会、これはぜひ行ってみたいですね。

代表作『真夜中の弥次さん喜多さん』も展示されるのかな?気になる。

しりあがり寿

しりあがり 寿は、日本の漫画家。静岡県静岡市葵区出身。男性。神戸芸術工科大学特任教授、元横浜美術短期大学、元日本大学藝術学部講師。本名は望月寿城。妻は漫画家の西家ヒバリ。

代表作は『真夜中の弥次さん喜多さん

ウィキペディア

今回の見どころってのは、漫画、墨絵、アニメーションが70点に、

大規模なインスタレーション作品が10点(しかも回ってるらしい)

やかんが回って芸術となる???

芸術なのか?

漫画なのか?

なんかのメッセージなんか?

で、なんなんや????

それは行ってみてからのお楽しみ?なのか?(笑)

様々な物が回転する大規模なインスタレーション作品

ナンセンスと哲学の核融合??(笑)

とにかく凄い美術展だ!でしめとこう!

ぜひいってみたい!

 

 siriagari-01

siriagari-02

siriagari-03

siriagari-04

しりあがり寿の現代美術『回・転・展』

「弥次喜多 in DEEP」や「地球防衛家のヒトビト」など傑作マンガを次々と生み出す一方で、美術の分野でも注目を浴びるしりあがり寿(1958- )。
自身初の個展となる本展では、様々な物が回転する大規模なインスタレーション作品を発表。ナンセンスと哲学がしなやかに共存するしりあがり寿ワールドが展開します。

芸術なのか? マンガなのか? 何かのメッセージか? いったい何なのか?
ひたすらクルクルと回る沢山の回転が、皆さまに何かを訴えるでしょう。

開催場所:伊丹市立美術館

開催期間:2017年1月14日(土)~2017年3月5日(日)

10:00-18:00(入館は17:30 まで)

定休日:・月曜日(祝日にあたるときその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)・展示入替期間

料金: 一般800(700)円
大高生450(350)円
中小生150(100)円
*20 名以上の団体割引あり*兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料*4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

http://www.hyogo-tourism.jp/event/index.php?act=detail&id=11910

http://artmuseum-itami.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で