加古川のグラフィックデザイナーが姫路製版会社と独自ブランド【kamikatu舎】を立ち上げ。使われない紙を活用してカワイイ「メモ帳」と「ノート」を商品化!

記事はここから

兵庫県加古川市を拠点に活動するデザイン事務所「and」(代表 西嶋 輝さん)と姫路の製版会社がコラボしたメモ帳ノートが話題です!

捨てられてしまう紙を使い、デザインで新たな価値を与えて商品化されたノートです。

商品多様性のよのなかにあって、使われないものをデザインで必要なものにするいい例ですね。

陽の目を見なかった紙を活用し、
生み出された紙のプロダクトブランド

印刷業を始めてから、
時代とともに多種多様な紙を扱ってきました。
その中で、余ったり、使われなくなったり、
倉庫で積み上げられていく紙が増えてきました。
このままだと、捨てられてしまう様々な紙。
そんな紙を、私たちの気持ちとアイディアで、
何か別のモノに復活させることができないか?
紙本来の用途を最大限に引き出しつつ、
使う人が楽しくなるモノを作っていきたいと思います。

kamikatu舎

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で