加古川市松風ギャラリーへ【写真展 ありし日の別府鉄道】を見に行ってきた!

加古川市松風ギャラリーにて開催中の「写真展 ありし日の別府鉄道」を見に行ってきました!松風ギャラリーにやってきました。

松風ギャラリー。

いつもどこが入口か忘れてしまう、不思議な建物です。(笑)

一階入り口。

入ったロビーにも写真が展示してありました。

別府鉄道が運営されていた当時の貴重な写真ばかりで、地域住民に親しまれた鉄道だったことがわかります。印象的だったのが別府鉄道ラストランの写真。ラストラン当日が大雪だったとうのを初めて知った。

豊福正嘉氏の写真は、当時のネガをスキャンデジタル化しプリントしたと説明がありました。30年以上前のネガフィルムの発色が、当時の雰囲気を強く感じさせてくれる。たとえデジタル化されても、元フィルムの味はいいもんだと改めて思いました。

竹中計夫・松尾雅史両氏の写真が展示されている部屋には、モノクロームの写真と別府鉄道の駅員の帽子、切符、冊子などが一緒に展示されてあります。

あれやこれやじっくり鑑賞させてもらって大満足!別府鉄道やっぱり素敵です。

写真展は5月21日(日) まで開催しています。みなさんもぜひお出かけください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で