児童ボランティア養成講座「ワークショップ なぞり聞かせ 物語を子どもに手渡すために」が加古川市立中央図書館で開催!

記事はここから

2017年9月14日(木)加古川市立中央図書館児童ボランティア養成講座「ワークショップ なぞり聞かせ 物語を子どもに手渡すために」が開催されますよ!

図書館、学校等でのボランティア活動をされている方や興味のある方におすすめの講座です。

講座では、読み聞かせの伝道者 尾野 三千代さん を講師に、子どもたちに本に親しみ物語を楽しむため、指で文章を読み聞かせる「なぞり聞かせ」の実践、知識、技術を学ぶことができます。

【尾野 三千代さん プロフィール】 和光大学非常勤講師(資格講座 「読書と豊かな人間性」)、児童図書館研究会会員、元・東 京都府中市立図書館司書、兵庫県こどもの図書館研究会会員、こうべ子ども文庫連絡会会員。 著作物に、『子どもに物語の読み聞かせを―読み聞かせに向く260話のリスト』(児童図書 館研究会)、『「喜びの地下水」を求めて―石井桃子が児童図書館にのこしたもの』(児童図書館 研究会)、『語るためのテキストをととのえる―長い話を短くする』(東京子ども図書館)、『た のしいお話 1 お話のリスト第3版』(東京子ども図書館)、『子どもの本のリスト』(東京子ど も図書館)などがある。

児童ボランティア養成講座「ワークショップ なぞり聞かせ 物語を子どもに手渡すために」開催情報

  • 開催日:2017年9月14日(木)午前10時から正午まで
  • 会場:加古川市立中央図書館 2階 視聴覚室
  • 講師:尾野 三千代 氏 (和光大学非常勤講師、児童図書館研究会会員)
  • 定員:実践20名(事前申込制・事前課題有)聴講のみ20名(事前申込制)
  • 参加費:無料
  • 持ち物:筆記用具
  • お問合せ・申込先:加古川市立中央図書館
    TEL 079-425-5200
    ※申込みは、8月7日(月)午前10時から、窓口・電話で受付けます。(先着順)
    ※一時保育あります。9月4日(月)までにお申し込みください。(先着順)
  • ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で