加西市の北条高校生と靴メーカー「マリアンヌ製靴」が開発、松本新菜さん(姫路市)がデザインした靴が凄いよ!

加西にはアートを育てる土壌があるなぁーと思いました。

加西市が昨年施行した、歩くことで健康をめざす「市歩くまちづくり条例」がきっかけとなり、市オリジナルシューズを作成することに。このほど靴が完成、販売となったそうです!

小学生、高校生、地元の企業がタッグを組んで作り上げたオリジナルシューズ。
ほんとに、小学生と高校生が作り上げたのかと思うくらい高品質のデザインと質です。

nina-mari-03 nina-mari-02 nina-mari-01

 

nina matsumotoとマリアンヌが作ったウォーキングシューズ (26.5, レッド)


制作は、靴の開発を加西市県立北条高校生活デザイン部の学生と加西市の靴メーカー「マリアンヌ製靴」が行い、デザインを姫路市の小学生デザイナーとして有名な松本新菜さんが担当した。

デザインでは、市木カシの葉を基調に加西市の豊かな自然が描かれている。

繊細です。素敵なセンス。

nina-mari-04

これは一度現物を手に取ってみてみたいです。

 

 

 

 

 

松本新菜さんが描いている動画も素敵ですよ~ぜひご覧ください!


 

nina matsumotoとマリアンヌが作ったウォーキングシューズ (26.5, レッド)

 

 

靴を紹介しているサイトがこれまたかっこいいよ!さらなる今後の展開にも期待したいですね!注目です!

 

nina-mari-hp

nina matsumotoとマリアンヌが作ったハイカットウォーキングシューズ

商品について

「歩くまちづくり」を進める兵庫県加西市、天才小学生デザイナー“nina、兵庫県立北条高校、株式会社マリアンヌ製靴の産官学連携で制作した兵庫県加西市産オリジナル「ウォーキングシューズ」です。

660gの超軽量
Made in Japan

生産国は、日本(兵庫県加西市) Made in Japan。ハイカットながら660gの超軽量です。
抗菌防臭・衝撃吸収性の高いラテックスカップインソールを採用しました。さらに衝撃吸収性に優れたEVAアウトソールを使用し、ウォーキングシューズの素材は甲材・人工皮革・合成皮革を使用しました。

製品製造メーカー

マリアンヌ製靴は、昭和46年から病院勤務靴を作り続けて病院勤務靴専門メーカーとして働く人の足を支え、全国的な信頼と実績を築いてきました。

 

ホームページ

http://nina-mari.com/

関連フェイスブックページ

https://www.facebook.com/NinaMatsumotoArt/

https://www.facebook.com/kasai.wakamono/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で