「ヒアリ」でヒヤリなんて言ってる場合じゃない。

こんにちは、ろんぐです。

先日から関西圏?をざわつかせている猛毒アリ「ヒアリ」

「ヒアリ」でヒヤリなんて言ってる場合じゃない。

どれくらいの毒なのか?

ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ、火蟻[1])とは、南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に分類されるアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種であり、特定外来生物にも指定されている[2]。毒性の強い近縁種であるアカカミアリよりも強力な猛毒の針をもち、刺されると火傷のような激しい痛みがあるばかりでなくアナフィラキシーショックを起こし、時に死に至るため殺人アリの異名もある[3]。
なお、英語で単に“fire ant”(ヒアリ)と言う場合、トフシアリ属(英語版)のアリ全般を指すこともある。

ウィキペディア

火傷のような激しい痛み、アナフィラキシーショックで時に死に至るため殺人アリ!!

アメリカでは、毎年1400万人以上の人々が刺されており、その多くでアレルギー反応が起きていると考えられている。炎症や腫れが見られ、数日後には無菌性膿疱となる。

やだな~。そんなんが神戸港にやってきたの。

強毒「ヒアリ」 神戸・ポーアイでも100匹確認

兵庫県尼崎市内のコンテナから国内で初めて見つかった強い毒を持つ特定外来生物「ヒアリ」について、神戸市は18日、このコンテナが保管されていた同市中央区のポートアイランドのコンテナヤード「PC18」(約14ヘクタール)でも約100匹の生息が確認された、と発表した。同市は対策本部を設置して周辺の調査を進めるとともに、市民に注意を呼び掛けている。

神戸新聞

話題として沈静化しても、ヒアリを駆除しないと

「セアカコケグモ」と同じように定着して、忘れたころに被害にあうなんてことになるんじゃないかな。

今のところ定着は確認されてないようだけど要注意ですね。

今回は小さな小さなアリだし(セアカコケグモも小さいけど)、

大人への被害も気になるが子どもに被害が及ばないことを祈りたいですね。

 

ヒアリに関する情報:国立環境研究所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で