神戸市鈴蘭台駅前(神戸電鉄)が再開発中!再開発ビル名は「Bellst(ベルスト)」に決定!

神戸電鉄鈴蘭台駅前が再開発されるようです。神戸市のホームページによると平成19年から近隣の市民や関係機関との意見調整をはじめたようです。足かけ20年近くですか、駅前開発は手間暇かかります。

先日、12月1日にオープンした明石駅前ビルパ「ピオスあかし」も話を聞いてから20年ちかくかかってますもんね。駅前なんで土地のこととか、公共性のこととか意見調整がたいへんなんでしょうね。

駅ビルの骨格はほぼ出来上がっているようですね。

 


駅前開発の予定によると、平成30年夏頃の駅ビル「Bellst(ベルスト)」を完成、平成32年3月の事業完了予定なんだとか。

というと、あと2年ほどでビルは完成か。日本の建築技術にスピードは凄すぎだなこりゃ。

 

鈴蘭台・鈴蘭台駅って?

鈴蘭台(すずらんだい)は、兵庫県神戸市北区にある町である。現在は、北区の行政・交通の中心部でもあり、また、繁華街でもある。

wikipedia

鈴蘭台駅(すずらんだいえき)は、兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町一丁目にある神戸電鉄の駅。駅番号はKB06。駅南側に鈴蘭台車両基地がある。標高278m。

wikipedia

 

おっさんは鈴蘭台と聞いて思い浮かぶのが、ベットタウン。山の中にあって自然環境がいいなぁ~ってイメージです。うちの村とかと同じで高齢化はすすんでるとは思いますが、立地がいいので、人口

 

suzurandaieki-kaihatu-03

鈴蘭台駅前再開発ビルの名称が決定

神戸市北区の鈴蘭台駅前において平成30年夏頃完成を目指して現在工事を進めている「鈴蘭台駅前再開発ビル」の名称を、特定建築者である大和リース株式会社が一般公募し、審査の結果 下記の通り最優秀賞を決定しましたのでお知らせします。

最優秀賞

名称 Bellst(ベルスト) 
由来 鈴蘭台の鈴(ベル、bell)にstation(駅)・start(出発)の“st”を組み合わせた造語
考案者 小南 様(北区鈴蘭台北町在住)

 

市役所のホームページにあった鈴蘭台駅前の写真、フェイスブックで写真がアップされているので、ホームページでは2010年から更新されていないようです。

駅前の現況

suzurandaieki-kaihatu-01 suzurandaieki-kaihatu-02

駅前の全景(平成22年11月 撮影)

http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/suzurandai/genkyo.html

 

 

suzurandaieki-kaihatu-03

鈴蘭台駅周辺は、区役所などの公共・公益施設が集まる北区の玄関口でありながら、駅前広場や駅へのアクセス道路である鈴蘭台幹線が未整備となっており、駅前は人と車とが錯綜し、危険な状況にあります。
交通安全の確保と北区の玄関口にふさわしいにぎわいづくりを図るため、平成23年9月に市街地再開発事業などの都市計画を決定し、権利者のみなさんや関係機関と協議しながら、駅前整備に取り組んできました。
その後、平成25年3月に事業計画を決定し、平成26年7月には、施行者(神戸市)に代わって設計や建築工事を行う「特定建築者」を決定しました。平成28年2月に再開発ビル建築工事に本格着手し、平成30年夏頃のビル完成、平成32年3月の事業完了を目指して、工事を進めています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/suzurandai/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で