イカナゴ新仔情報!2018年(平成30年)漁期 イカナゴ新子漁の網おろし(解禁)日はいつなの?

記事はここから

2017年はイカナゴは不漁で価格が高騰、自宅では釘煮をつくらないままシーズンを終えてしまいました。

ほんとに残念な年でした。

スーパーなどでは、高価な釘煮が販売されていたのが印象にのこっています。

価格高騰で庶民が口にできなかったイカナゴ。その後

さて2018年、今年のいかなご漁はどうなるのでしょうか?

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターの平成30年漁期イカナゴ親魚調査結果が発表されています。

親魚の密度と年齢組成 ・親魚密度(文鎮漕ぎ1回当たりの採集尾数)は11.4尾で、昨年と同様低い値でした。 ・年齢組成は1才魚が94.6%、2才魚以上が5.4%でした。

産卵時期 ・雌親魚の生殖腺熟度指数から判断して、12月19日には産卵が始まっていませんでした。鹿の瀬にお ける今年の産卵盛期は、12月20日から12月22日頃であったと推察され、昨年より早かったと考えられます。

今後の予定
・稚仔の分布調査 紀伊水道・大阪湾・播磨灘:1月19日~24日
・稚仔分布調査結果の公表:1月末頃
・イカナゴシンコ漁況予報の公表:2月中旬頃 (稚仔の分布調査とその結果の公表については、天候により日程を変更することがあります)

平成30年漁期イカナゴ親魚調査結果

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センター

 

むむむ!発表された資料には「昨年と同様低い値」とあります!!!

ああ、何とか、今年はフレッシュなイカナゴのくぎ煮が食べたいぞ!

 

さて、それでも解禁はいつごろになりそうなんだ?

 

2017年の網おろし(解禁)は3月7日(火)でした。

近年の網おろし(解禁)
2017年3月7日(火)大安
2016年3月7日(月)大安
2015年2月26日(水)友引
2014年2月28日(金)大安
2013年2月23日(月)友引
今年、2018年2月のいい日はといえば、
15日(木)大安
17日(土)友引
20日(火)大安
23日(金)友引
26日(月)大安

となっています。例年通りだと、23日(金)友引、26日(月)大安あたりが網おろし(解禁)じゃないでしょうか。

楽しみですね~~~!

明石市役所の映像もたのしみながら、解禁の知らせをまちましょう!


<

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で