ぎょえ!衝撃の肉旅冊子!西脇ローストビーフが関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号に掲載されてる!


ぎょえ!衝撃の肉旅冊子!西脇ローストビーフが関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号に掲載されてる!

【雑誌掲載情報・グルメ情報】「じゃらん2016年10月号」に西脇ローストビーフ掲載されています。

お出かけに絶好の秋です。お出かけ旅の情報誌「関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号」(9月1日・リクルートホールディングス発行)の別冊付録「エンジョイ肉旅」で新ご当地グルメ「西脇ローストビーフ」が紹介されています。

神戸ビーフの素牛「黒田庄和牛」のふるさと西脇市で、産地ならでの絶品・極上の国産ローストビーフを味わえます。
雑誌では、3つの店が紹介。でも西脇市内には神戸ビーフの素牛「黒田庄和牛」の提供店はまだまだあります!

本屋で買って、事前に情報をゲットして、ぜひ西脇市に遊びにいこう!

まて、まってくでええええええええ!じゃらんめ!なんてことするんだ!こんな恐ろしい冊子をつくるなんて!「エンジョイ♡肉旅!」恐ろしい破壊力抜群のコピーじゃないか!一撃で撃沈したわ(笑)さて、この肉旅「関西・中国・四国じゃらん2016年10月号」の別冊付録です。これ一冊で企画物の冊子にしてくれてもいいんじゃないでしょうか!というくらいの代物。肉好きはこれもって肉を巡る旅にでしょう。

と、話題性抜群の冊子に西脇市にある西脇ローストビーフが掲載されているという!西脇ローストビーフ???その存在を今までしらなかった。

そして、この表紙の写真はもしや、但馬の、あれか!たじま高原植物園「ツリーハウスレストラン2016」美方郡香美町

西脇のローストビーフにたじま高原植物園の一頭部位全部食べ!これは、これは食べたい!

エンジョイ肉旅!はずは兵庫を肉旅だなこりゃ

西脇ローストビーフが関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号

1509jyaran-n

西脇ローストビーフが関西・中国・四国じゃらん 2016年10月号に掲載

jyaran-2016-10

西脇ローストビーフとは

nishiwaki-beef

西脇ローストビーフは、2015(平成27)年4月、市内の飲食店主をはじめ多種多様な人が集まり、西脇市の新ご当地グルメ開発のプロジェクトとして始動うまれたご当地グルメです。 プロジェクトの活動と並行して西脇市が実施した観光資源活用調査で、西脇市で食べてみたいご当地グルメとしてトップになったのが「黒田庄和牛を使ったローストビーフ」です。地元で生まれ育った高級和牛を余すことなく使い、参加店で共同仕入れする仕組みを新たに構築し、少し手軽に親しんでいただけるご当地グルメとして誕生したのが「西脇ローストビーフ」なのです。その多くが「神戸ビーフ」として巣立つ黒田庄和牛。 生産地ならではの味わい方、「西脇ローストビーフ」は3つの約束基準があります。

「西脇ローストビーフ」には3つの約束

  1. 使うお肉は黒田庄和牛。モモ肉の4つの部位をローストビーフに仕上げています。 それぞれの個性に応じた味わいと食感が楽しめる。
  2. 地元のカラフル野菜をプラスする。華やかに仕上げるために用い、地場野菜を取り入れた地産地消の西脇メニューとして提供。
  3. オリジナルソースを味の決め手につかう。こだわりのひとつとして、各店舗がオリジナルのソースを使います。 バジルや金ゴマ味噌など用いる肉の部位や調理法との相性を見極めながら工夫を凝らして作り上げてある。

http://www.nishiwaki-kanko.jp/roastbeef/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で