加古川市民は注目!!リオデジャネイロオリンピックの馬場馬術(ドレッサージュ)に、加古川市出身の黒木茜選手が出場しますよ!

記事はここから

これは応援しましょう!!!加古川出身の方の活躍は応援するしかないぞ!

リオデジャネイロオリンピックの馬場馬術(ドレッサージュ)に、

加古川市出身の黒木茜選手が出場しますよ!

リオオリンピックの馬術競技は、2016年8月7日~19日の日程でおこなわれる。

放送枠は少ないようなので民放さんがんばってほしいなぁ~!

黒木茜選手が出場する馬場馬術ぜひとも放送してほしいぞ!

bajyutsu-nittei

黒木茜選手プロフィール

【出身】兵庫県

【生年月日】昭和53年8月13日

【身長】165㎝

【所属】スクーデリアエクイット

【学歴】加古川市立浜の宮中学校 → 兵庫県立東播磨高校 → 神戸総合医療専門学校

【リオオリンピック馬術日本代表・黒木選手を応援します!】

8月5日から開催される「リオデジャネイロオリンピック」。馬場馬術(ドレッサージュ)に、加古川市出身の黒木茜選手が出場します!

黒木選手が乗馬を始めたのは20歳のとき。市内の乗馬クラブでお姉さんと始めたのをきっかけに馬場馬術にのめり込み、今年初めてオリンピック出場権を獲得しました。
大会に共に挑む愛馬“トゥッツ”は、体高190cm近くあり比較的大きく、その美しい姿は世界的に有名な馬だそうです。

 市では大会に先立ち、黒木選手の活躍を祈念して壮行会を行いました。
市役所ロビーには、オリンピック選手を応援しようと、たくさんの人がお出迎え。岡田市長から、芸術文化・スポーツの分野でめざましい活躍をした人に送られる「さわやか賞」を贈呈しました。

壮行会を終えた黒木さんは「馬場馬術は馬とどれだけ呼吸が合わせられるかの一発勝負。今できるすべてを尽くして、応援してくださる方に感動してもらえるような最高のパフォーマンスをお見せしたい。」と素敵な笑顔で話し、2週間後のオリンピックに向け意欲を示しました。

黒木選手が出場する馬場馬術は、歩き方を基本に、馬を正確に美しく動かすことを競う競技です。歩き方だけではなく、いかに均整の取れた美しい躍動美あふれる馬に育て上げるかも重要だそう。

黒木選手と愛馬トゥッツの活躍、応援しています!p(*^-^*)q

 

 黒木選手は浜の宮小-浜の宮中-東播磨高と進学。神戸市内の専門学校に在学中だった20歳のときに「ニッケ乗馬クラブ・クレイン加古川」(加古川市米田町)で馬術を始めた。現在は神戸市北区在住。姫路市内で介護付き老人施設を運営する傍ら、競技活動の拠点はオランダに置く。16歳のせん馬「トゥッツ」とコンビを組み、6月にドイツであった選考会を経て、五輪代表に決まった。

神戸新聞:http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201607/0009310975.shtml

 

黒木が最良のパートナーに支えられ、リオで舞う。「主人の思いも背負い、ベストパフォーマンスを出したい」と目を潤ませて抱負を明かした。

 夫の相馬は平安時代中期の豪族・平将門の末えい。馬場馬術で夫婦ともにリオを目指していたが、夫は5月末に馬の体調不良で出場を断念。初めての五輪切符には家族の思いが詰まっており、「夫もリオに同行し、サポートしてもらう」と必勝態勢で臨む。

スポーツ報知:http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160617-OHT1T50123.html

 

8月に開催されるリオデジャネイロ五輪で、馬場馬術競技の日本代表に選ばれた黒木茜選手(37)=スクーデリアエクイット=が20日、姫路市役所に石見利勝市長を表敬訪問し、五輪での活躍を誓った。

黒木選手は加古川市出身で神戸市在住。姫路市内で老人ホームを経営している。

産経新聞:http://www.sankei.com/west/news/160621/wst1606210023-n1.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で