だんだと!但馬の肉フェス?ツリーハウスで??たじま高原植物園発「但馬牛一頭の部位をまるごと全部食べられる、但馬牛「但馬玄」を使った、贅沢なコース」だとおおお!そんなん食べたいにきまってるやんか!!

記事はここから

ツリーハウスにもひかれるが!とにかく

但馬牛一頭の部位をまるごと全部食べられる、

但馬牛「但馬玄」を使った、贅沢なコース

ってなんじゃ~~~~~~~!

そんな反則な肉フェスありか!!!!!!

あ、フェスじゃね、コースありか!!

肉づくしやんか

もはや、頭の中は肉フェスです!但馬牛のすべての部位を食い尽くせるチャンスは、

そうなかなかないでしょう!

この機を逃したら最後かもしれない!

muraoka-tajimagyu-bui-kuitsukusi-2016

兵庫北・香美町、たじま高原植物園発、ツリーハウスです。

先日、但馬牛一頭の部位をまるごと全部食べられる、但馬牛「但馬玄」を使った、贅沢なコースが先行発表されて、話題沸騰、ツリーハウスレストランの記者発表がありました。

7/1(金)~スタート、木の上でバーベキューを楽しめる、ツリーハウスが敷地内に姿を現しました。なんと、41種類もの部位をすべて楽しめます。聞いたことのない部位を探してみて下さい。

ヒレやロース、サーロインといった誰でも聞いたことのある部位から、サガリ、イチボ、クラシタといった、知っている・知っていないで、記者の間でも意見の分かれた部位も。

トウガラシ、ザブトン、イチボなど、特に、メガネという部位は、一頭から400gだけ取れる貴重な部位だそうです。部位の存在から知らない勢いです。珍しさで熱くなります。

石原料理長の精肉に関する知識と熱意が生んだ、世界初の41部位をツリーハウスで楽しむ、SSコース・但馬牛一頭丸食いコース、7/1(金)~スタート、3日前の予約が必要です。

そして、ツリーハウスも完成間近。個室が3棟できていて、4人用が2棟、6人用が1棟、姿を現しました。なんと、冬は越せないため、仮設したものは、越冬のため取り壊すのだとか。

トムソーヤの冒険よろしく、こどもの頃に触れたドキドキ感を、いま、また、ツリーハウスで感じられます。お子さんにも喜んでもらえそうな家が、なんと、3棟も目前にありました。

記者の皆さんが勢揃いした今日、明日の新聞が楽しみでなりません。記者の皆さんは、次から次へと質問攻めを田丸社長にぶつけておりました。新聞への登場、ぜひ、お楽しみに。

コースは、

SS(1人前・税別1万円)、
S(同6000円)、
B(同5000円)、
A(同4000円)の四つ。

いずれも予約が必要で、SSは3日前まで、他のコースは前日の午前中までに申し込む。
小屋は積雪期に撤去するため、焼き肉の営業は11月6日まで。
問い合わせ たじま高原植物園 TEL 0796-96-1187

全ての部位を食べつくして

1万円!ちょっと食べてみたいぞ!但馬牛!

おっさん小遣いためよう~!

 

田丸社長嬉しそうですね~

夏場の新緑も綺麗でしょうから、高原散策がてらでかけるのもいいかもしれないぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で