500セット限定!道の駅杉原紙の里かみで、料理人大田忠道先生が、播州百日どり料理イベント開催!ががが!うまそうじゃ!

記事はここから

道の駅 杉原紙の里かみで料理人大田忠道さんによる「播州百日どりときよし米を使ったスペシャルメニュー販売」イベントが開催されますよ!

開催日は、2016年12月4日(日)10時から15時まで。

料理人大田忠道さんと多可町は関係どんなかんけいなんでしょう?た、食べてみたいぞ、播州百日どりときよしま米のコラボ唐揚げ!!!

料理人大田忠道さんはというと

大田 忠道は日本料理の料理人。兵庫県西宮市出身。2004年、黄綬褒章受章。2012年、瑞宝単光章受章。

2002年有馬グランドホテル中の坊瑞苑を退職し、同じ有馬温泉に料理旅館「旅篭」を立ち上げる。

2004年、黄綬褒章を受章する。 2012年、瑞宝単光章を受章する。

長年日本料理の料理人として数々の要職を歴任しながら800人以上の多くの弟子たちを育て上げた功績が認められている。

前述の「料理の鉄人」では鉄人・森本正治との対立軸から日本料理の伝統を守る保守的な料理人のように紹介されていたが、それはあくまでの番組の演出的な部分が大きく、実際は西洋食材や中華食材を積極的に取り入れる柔軟さを持つ料理人である。

ウィキペディア

おおお!凄いじゃないですか!

なななな、これはちょっと期待大な料理イベントですね!

播州百日どりどんな料理な~というと!

播州百日どりきよしま揚げ(大田監修アレンジからあげ)

播州百日どりスープきよしま春巻き(大田監修絶品スープ)

2品セット500円で500セット限定!

 

地元名産品の超コラボレーション!

「名産播州百日どりと多可町加美区の「きよしま米」を使った料理!

え?きよしま米ってなに???

きよしま米とは、山寄上、鳥羽、清水の三つの村を「きよしま」地区と呼びそこでとれたコシヒカリを「きよしま米」というそうです。

 

えええええ!そんなお米があるのは知らない、うまいんちゃいますの!!!

播州百日どりも気になるけど、このコメに一目合いたくなった!!!

 

michinoeki-kami-hyakunichidori-ootatadamichi

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で