今年も丹波のホタルが凄いらしい!【丹波ほたるめぐり2017】がはじまるよ!丹波ホタル王国を堪能しよう!

記事はここから

自然豊かな丹波に生息するホタルをめぐる!今年も丹波のホタルめぐりる丹波ほたるめぐり2017始りますよ!

ホタルをめぐることができるのは、ひとえに丹波の自然が豊さあってでしょうね~!素晴らしい。

地元の方々の環境保全に力を入れられているおかげでしょう!

ホタルめぐりでは、6月上旬から7月上旬に丹波各地のホタル生息地において観察会が開催されます。

京阪神、加古川、明石、姫路からも近いので、親子で友達と丹波のホタルを巡るのはいかがでしょうか。

丹波ほたるめぐり2017

マップ詳細はこちら:http://www.tambacity-kankou.jp/
マップPDF:http://www.tambacity-kankou.jp/tanbamb/app/webroot/site/uploads/2017/05/6484/2017_hotaru_2.pdf

丹波市内では自然保護の希少価値の高い「ホタル」の生息地が数多くあります。
阪神間から近距離にある丹波で「ホタルの競演」を実体験してください。
6月下旬から7月中旬にかけて各地で観察会が開催されます。
皆さんお誘いあわせお出かけください。

A:今いま出でせせらぎ園 ホタル観察会

日 時 6月24日㈯ 午後7時~
場 所 丹波市青垣町遠阪 今出せせらぎ園、熊野神社周辺
特 徴 川側にゲンジボタル、山側にヒメボタルが
飛び交います。
参加費 無料
主 催 遠阪自治協議会
問合せ先 今出せせらぎ園 0795-88-0558
丹波市観光協会 あおがき観光案内所 0795-87-2222

懐中電灯、長靴など
夜の観察しやすい服装で
お越しください。

B:稲いな土づちヒメボタル観賞会

日 時 7月1日㈯ 午後7時~
場 所 丹波市青垣町稲土明号
棚田体験休憩施設から浄丸神社付近
参加費 無料
主 催 一財)神楽自治振興会
丹波市観光協会 あおがき観光案内所 0795-87-2222

C:青垣いきものふれあいの里 ホタル観察会

日 時 6月17日㈯ 午後7時~9時
場 所 青垣いきものふれあいの里と遠阪川
講 師 足立 勲 先生(自然体験教育研究所所長)
参加費 無料
主催・問合せ先 青垣いきものふれあいの里 0795-88-0888

D:沼ぬ貫ぬぎヒメボタル観察会

日 時 6月24日㈯ 午後7時30分~
場 所 丹波市氷上町新郷1860 伊尼神社周辺
参加費 無料
主 催 沼貫地区自治振興会
問合せ先 沼 貫交流会館 0795-82-4033
丹波市観光協会 あおがき観光案内所 0795-87-2222

F:ひかみドリームツアー

日 時 6月24日㈯ 午後2時20分~午後8時40分
集合場所 JR石生駅(福知山線)西口
定 員 40名(要予約)
参加費 一人3,500円(夕食・バス代・入館料を含みます。
JR運賃は含みません。)
注意事項 雨天決行
内 容 JR石生駅発着のバスツアー。今年は丹波市内山南地域の名所旧跡を訪れ、かどのの郷でお食事、休憩の後、ヒメボタルの生息地「内尾神社を」訪れます。
主 催 ひかみドリームツアー実行委員会
ツアー申込先 かどのの郷 ℡0795-82-4224、FAX0795-82-4124

F:薬草薬樹公園 姫丹波プラン

日 時 6月17日㈯・18日㈰・24日㈯・25日㈰、
7月1日㈯・2日㈰
場 所 薬草薬樹公園 その時のよく出ているところに行きます。
募集人数 各日50人(実施日の3日前までにお申し込みください)
参加費 大人4,500円、小人3,500円
[ホタル観察会参加のみも可 大人1500円 子ども1000円]
主催・申込先 薬草薬樹公園 丹波の湯 0795-76-2121

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で