「第25回アート・クラフトフェスティバル in たんば 2016」兵庫県立丹波年輪の里 丹波市


2016年9月30日10月1日(土)2日(日) の2日間、丹波市柏原町にある兵庫県立丹波年輪の里にて「第25回アート・クラフトフェスティバル in たんば 2016」が開催れますよ!

丹波路の秋のイベント「第25回アート・クラフトフェスティバルinたんば2016」が緑豊かな広々とした兵庫県立丹波年輪の里を会場に開催されます。

今回で25回目となる、「第25回アート・クラフトフェスティバルinたんば2016」。

会場には、全国の多数の応募の中から選考された、厳選されたものづくり作家さん達が、その丹波年輪の里の芝生広場を取り巻く苑路を中心に出展・販売します。

来場者もここ数年は毎年1万人を超える大きな盛り上がりを見せ、市内外各地から多く のファンの皆様に愛され続けている人気のイベントです。

主催者では「木工、陶芸、ガラス、金属、レザー等様々なジャンルのクラフト作品の中から、自分だけのお気に入りを探して見て廻るもよし、作り手との会話を楽しむもよし、思い思いのスタイルで丹波の秋の2日間をお楽しみください」と来場をよびかけています。

丹波市柏原町 兵庫県立丹波年輪の里「第25回アート・クラフトフェスティバル in たんば 2016」告知チラシ

art-claft-tanba-2016-01

2016年9月30日10月1日(土)2日(日) の2日間、丹波市柏原町にある兵庫県立丹波年輪の里にて「第25回アート・クラフトフェスティバル in たんば 2016」が開催

art-claft-tanba-2016-02

兵庫県立丹波年輪の里

丹波年輪の里は、兵庫県丹波市柏原町にある木とのふれあいの中で、勤労青少年の文化活動、スポーツ活動およびレクレーション活動を促進し、あわせて勤労者を始め広く県民に憩いの広場を提供するとともに、 林産業界の振興に寄与することを目的として設置されてた兵庫県が設置した施設です。施設内には、クラフト館(工作室)、木の館(多目的ホール、研修室)、レストラン、アトリエ、広場があります。クラフト館(工作室)では、工作室では初心者から熟練の方まで、木工クラフトが楽しめます。個人や家族・団体など、それぞれの希望に応じた材料や独自のメニューを準備しています。木の館(多目的ホール、研修室)では、木材、木製品産業の技術研修や新しい利用方法の開発、情報の提供と相談にあたるほか、木製品などの展示をします。また、各種会議等に利用できます。レストランでは、水辺のレストランは、木製インテリアの落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめます。また、広いテラスでは気分は最高です。アトリエでは、専門的で多彩なクラフト活動やギャラリー スペースとしても利用できます。そのほか、わんぱく広場、ハバロフスクの館、芝生広場、イベント広場などもあり、木と親しみ、木のすばらしさを発見してもらうための木工クラフトの創造・創作活動の拠点として、また、レクリエーション活動の場となる自然がいっぱいの施設です。

丹波市柏原町 丹波年輪の里 場所

丹波市柏原町 兵庫県立丹波年輪の里「第25回アート・クラフトフェスティバル in たんば 2016」開催情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で