「神戸市立こうべまちづくり会館」2019年10月1日(火)リニューアルオープン! 神戸市中央区


2019年10月1日(火)神戸市中央区、住民主体のまちづくり活動を支援する拠点「神戸市立こうべまちづくり会館」がリニューアルオープンしますよ!

神戸市立こうべまちづくり会館がリニューアルオープンします。まちづくり拠点機能をさらに強化し新たな賑わいも創出します。

神戸市立こうべまちづくり会館とは

神戸市立こうべまちづくり会館は、平成5年11月にオープンして以来、住民主体のまちづくり活動を支援する拠点として様々なまちづくり活動の場として多くの市民に利用されてきました。開設から25年が過ぎ、施設の老朽化や社会情勢の変動を背景を考慮し、利用の改修工事を今年4月から実施。施設のさらなる有効利用を図るため、近隣地域のにぎわい創出、地域活性化を考えたあらたな施設機能をそなえリニューアルオープンします。

新たな施設には、4階、5階にコミュニティの存続や地域課題の解決を担う「まちづくり拠点施設」を開設、5階に若手のまちづくりコンサルタントやNPO団体等の事務所利用できる「ワークスペース」、4階にまちづくりに携わる様々な人材が気軽に立ち寄れる連携交流の場、まちづくり関連図書の閲覧ができるライブラリー機能を備え「まちづくりラボ」、1階にまちづくりラボ内のライブラリーと連携して活字文化を向上させるとともに、「本」を媒体とした多様な世代・属性の人々の交流を図る「神戸元町みなと古書店」、貸室(地下1階ギャラリー、2階ホール、3階多目的室、6階会議室)については従来どおりとなっている。そのほか、1階市民トイレを改修し多機能トイレを整備、エレベーター等の設備機器を更新されている。

リニューアルオープン当日は、リニューアルオープンを記念した式典を開催。2019年10月1日(火)10時からはリニューアルオープン式典やまちづくり拠点施設の可能性とこれからの地域について語り合う『みんなで語ろう「まちづくり拠点施設」のこれから』、10月25日~27日には神戸の昔懐かしい風景を描く「もふもふ堂」による展覧会、「神戸元町みなと古書店」でグッズの販売が実施されます

神戸市中央区 神戸市立こうべまちづくり会館「オープニングイベント」主な内容

リニューアルオープン式典

  • 日時:令和元年10月1日(火曜) 10時から
  • 場所:こうべまちづくり会館4階まちづくり拠点施設
  • 内容:式辞、来賓祝辞、施設概要説明、内覧会(内覧会後、一般供用開始)

みんなで語ろう「まちづくり拠点施設」のこれから

  • 日時:令和元年10月5日(土曜) 13時から18時まで
  • 場所:こうべまちづくり会館4階まちづくり拠点施設
  • 内容:これからの「神戸のまちづくり」において、どのような役割を担う場所になるのか、まちづくり拠点施設の可能性とこれからの地域について語り合う。

「神戸元町みなと古書店」オープン記念 もふもふ堂展覧会 ―元町昭和40年代―

  • 日時:令和元年10月25日(金曜)から27日(日曜)まで
    10時から17時30分まで、最終日は10時から16時まで
  • 場所:こうべまちづくり会館3階多目的室
  • 内容:神戸の昔懐かしい風景を描く「もふもふ堂」による展覧会です。1階「神戸元町みなと古書店」でグッズの販売も行います。
  • 観覧:無料

「神戸市立こうべまちづくり会館」2019年10月1日(火)リニューアルオープン!

神戸市立こうべまちづくり会館の場所はこちら

神戸市中央区「神戸市立こうべまちづくり会館」2019年10月1日(火)リニューアルオープン情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で