【御食国・和食の祭典in淡路島】が開催!淡路でグルメ三昧の2日間!

記事はここから

2017年11月18日(土)・19日(日)洲本市塩屋洲本市文化体育館にて「御食国(みけつくに)・和食の祭典in淡路島」が開催ですよ!

イベントでは、御食国サミット、記念シンポジウムのほか、淡路・若狭・志摩・京都の「和食を味わう」飲食・物販ブースの出店、御食国和食文化の体験コーナーなどなど美味しいグルメを満喫できますよ!

また、同時開催される、淡路島の「おいしいもの」を集めた食のイベント食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017、路島日本遺産をテーマに市民が考えた商品や体験ブースの出店する淡路島日本遺産フェスティバル、料理研究家白井操氏が登場する第5回淡路島くにうみ講座・神戸新聞連載トークショー二も注目です!

御食国・和食の祭典in淡路島

  • 開催日:2017年11月18日(土)・19日(日)
  • 時間:11時00分~16時30分
  • 場所:洲本市文化体育館
    〒656-0021洲本市塩屋1丁目1番17号
  • 入場無料(飲食・物販は有料)
  • 内容:
    (1)御食国サミット[11月19日(日曜日)のみ] ・御食国知事サミット
    (ア)4府県知事によるリレートーク
    (イ)御食国・和食文化「淡路」宣言
    ・記念シンポジウム
    (ア)基調講演「関西の和食の魅力」
    村田吉弘氏(株式会社菊乃井代表取締役社長、日本料理アカデミー理事長)
    (イ)パネルディスカスション「現代に繋がる御食国~食を通じた観光振興~」
    コーディネーター:田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授)
    パネリスト:淡路、若狭、志摩、京都の4地域から登壇
    (2)御食国和食を味わうフードコート淡路・若狭・志摩・京都の「和食を味わう」飲食・物販ブースの出店
    和食を楽しむミニ講座の開催[11月18日(土曜日)のみ] (瓢亭第十四代当主:高橋英一氏、美濃吉第十代当主:佐竹力総氏、淡路島・すし屋亙店主:坂本亙生氏ほか)
    各地域の特産品を盛り込んだ「御食国弁当」の限定販売(各日30食)[各日11時30分~] (3)御食国和食文化の体験コーナー
    日本酒等の試飲・販売
    京都老舗料亭4店の出汁の味わい体験
    (菊乃井、たん熊北店、山ばな平八茶屋、一子相伝なかむら)
    抹茶・和菓子の味わい体験
  • ホームページ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で