【ナニコレ珍百景】に【場所は埼玉県さいたま市。12がなく0表記・世界へ向けた「0時計」12がない謎の時計・一般の公務員が特許取得して生み出した珍時計「0時計 昭和51年 万国0時運動 創始者 野口喜市発明  グリニッジ公認 スイス・アメリカ特許 0の発見」】が登場紹介!


2021年4月18日(日)18時30分~19時58分放送のテレビ朝日「ナニコレ珍百景」に、埼玉県さいたま市「12がなく0表記・世界へ向けた「0時計」12がない謎の時計・文字盤がおかしい?一般の公務員が特許取得して生み出した珍時計」が登場するようですよ!

今回『文字盤の「12」が「0」になっている「0時計」』として紹介されたのは、埼玉県さいたま市の住宅街の畑のわきに、時計の文字盤の一番上が「12」ではなく「0」と書かれた 謎の時計が取り付けられているもの。 すぐ横にある看板には「0時計 昭和51年 万国0時運動 創始者 野口喜市発明  グリニッジ公認 スイス・アメリカ特許 0の発見」と書かれている。 野口喜市さんは亡くなられていたが、生前は市役所に勤務しており、65歳で退職後 海外旅行でロンドンに行くときの飛行機内でのことだという。 「ロンドン現地時刻 午後12時25分に到着します。」のようなアナウンスを聞いて 「午後12時は深夜、昼の正午のことではない。間違いだ、午後0時か午前12時と言うべきだ」と怒り、 抗議文を書いたという。同じように勘違いしていた人が世の中に多いと感じ、 当時、世界標準時の基準とされていたグリニッジ天文台に時計の表記に「0」を認めて欲しいと 手紙を送って、実際にグリニッジ天文台から「確かに0は正しいが、国際的な習慣で 12と呼ぶのはやむをえない。あなたの言っていることは正しい。」という内容の返信があり、その後、文字盤の「12」を「0」と表記する「0時計」を考案し、アメリカで特許を取得している。珍百景登録されました。

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」番組データ

テレビ朝日「ナニコレ珍百景」毎週日曜日 18時30分~19時58分放送

2021年4月18日(日)18時30分~19時58分の放送「ナニコレ珍百景」は、埼玉県さいたま市「12がなく0表記・世界へ向けた「0時計」12がない謎の時計・文字盤がおかしい?一般の公務員が特許取得して生み出した珍時計」を紹介。

出演者

MC:名倉潤・堀内健(ネプチューン)
珍定委員長:原田泰造(ネプチューン)
進行:森葉子(テレビ朝日アナウンサー)
珍定ゲスト:かまいたち(山内健司・濱家隆一)、山之内すず
ナレーター:奥田民義

  • テレビ朝日「ナニコレ珍百景」公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で