NHKEテレ【ふるカフェ系 ハルさんの休日】に【築100年の古民家喫茶 曽野珈琲店】愛知・瀬戸の元農家カフェが登場!場所は?

記事はここから

2018年8月15日(水)NHKEテレ【ふるカフェ系 ハルさんの休日】に愛知・瀬戸の元農家カフェ【築100年の古民家喫茶 曽野珈琲店】が登場!場所は?

番組データ

ふるカフェ系 ハルさんの休日

8月15日水曜
NHKEテレ1 午後11時00分~ 午後11時30分
「愛知・瀬戸~茶の湯の精神を感じる元農家カフェ」

渡部豪太が演じるカフェブロガーのハルさんと、地元の人たちで作るドラマ。今回は愛知県瀬戸市へ。焼き物で知られるこの町は、橋にも瀬戸物が!訪ねるカフェも茶の湯の精神を感じる古民家だった。一見すると、特徴がなさそうな農家住宅。しかし細部をみていくと、瓦や床柱など随所に凝ったつくりが!百年前この家を建てた人は、おもてなしが大好きで、常に客の姿があったという。さりげない気遣いって素敵だなと、ハルは気づく。

【出演】渡部豪太

番組ホームページ

築100年の古民家喫茶 曽野珈琲店

曽野珈琲店

築100年の古民家で、くつろぎのひとときを・・・。
曽野珈琲店のこだわり

社交の場が少ないこの地域に珈琲店を構え、地域の皆様の交流の場や、憩いの場となり、皆様に愛されるお店になりたいと考えています。

築100年以上の古民家を活かした空間作りを心がけます。

古いものを大切に使います。
(食器の一部は大正~昭和初期に使われていたものです)

出来る限り地元の食材を使います。

この建物は、大正初期に建てられたとされています。

多い時で、12人の家族の生活の場であり、当時は1階が住居スペース、2階では蚕を飼っていたそうです。

現在でも、蚕を飼う際に使われていた道具や、当時使用されていた古いたんすや食器などがそのまま残っており、状態の良いものは、店内のインテリアやサンドイッチ用のプレートなどに使用しています。

築100年以上経つ建物ですが、なるべく当時の状態を残し、古き良きものを大切に守っていきたいと考えています。







「曽野珈琲店」店舗情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で