日テレ【満天青空レストラン】に新潟県新潟市南区【せきね農園の雪国アボカド】が登場!ゲストに川田裕美が出演!食材、販売、購入、場所は?

記事はここから

日テレ【満天☆青空レストラン】2018年12月1日(土)18:30~19:00放送分に新潟県新潟市南区【せきね農園の雪国アボカド】が登場しますよ!

スポンサーリンク

番組データ

2018年12月1日(土)18:30~19:00

次回は雪国、新潟で作られるこだわりの国産アボカド! なんと名人はビジュアル系バンドをしていたとか… 今すぐ試したいアイデアレシピが盛りだくさん! ゲストは川田裕美さんです!

新潟県新潟市南区【雪国アボカド】

大切に受け継ぐものと
伝統にとらわれない挑戦。
守る農業と攻める農業

せきね農園は代々地域にならった稲作と果樹栽培をしてきました。
しかし新潟の雪深い冬は農家にとって深刻な問題です。
そこで「冬でも出来る農業を」と約40年前にひらたけ栽培を始め、
これによって一年中農作業が出来る様になりました。
受け継いだ作物を大切に育てつつ、新しい試みを。

そして「雪国アボカド」。
せきね農園の新たなる挑戦が今、始まりました。

雪国アボカド
新潟の冬が、美味しくしました。
輸入アボカドから国産アボカドへ
新規果樹への挑戦

日本で販売されているアボカドはほぼ全てが外国からの輸入品です。
その輸入されるアボカドのほとんどが「ハス」と言う品種だけです。
世界に何千品種もあると言われているアボカド。
私たちは「ハス」1品種だけの味しか知らなかったのです。

アボカドは年々輸入量が拡大しています。
少し前は珍しいものでしたが、今ではどこでも買えます。
日本人にとっても馴染みのものになりました。

現在、国内の温暖な地域で少しずつ始まりつつある国産アボカド栽培。
しかし新規果樹であるアボカド栽培はまだまだ未知の世界。
日々の観察と試行錯誤で、まだまだ栽培方法を模索している状態です。

アボカドは熱帯のイメージですが、雪深い新潟でも栽培は可能です。
ただ暖房機を使ったハウス栽培でなければですが。
しかしハウス栽培はアボカドには非常に適しています。
雨や風、そして寒さに弱いアボカド。
それらから守ってあげられるのがハウス栽培です。
結果、品質の優れた美味しい果実になります。

せきね農園の雪国アボカド。
厳しい新潟の冬を耐え、強く元気に美味しく育っています。
雪国アボカドとは
新潟で育った国産アボカド

「雪国アボカド」3つのこだわり。
1、寒暖差で美味しくする。
2、食べ比べを楽しんでもらう。
3、1つ1つ丁寧に収穫する。

https://sekinenouen.com/about/about.html

せきね農園

スポンサーリンク

満天☆青空レストラン 番組紹介

『満天☆青空レストラン』は、日本テレビ系列で放送されている、料理をテーマとしたグルメ・紀行・バラエティ番組である。 ウィキペディア

ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で