加古川東高校吹奏楽部「第28回全日本高校女子サッカー選手権(ノエビアスタジアム神戸)」入場・表彰で音楽演奏を披露するみたい!神戸市兵庫区

2020年1月12日(日)開催の「第28回全日本高校女子サッカー選手権(ノエビアスタジアム神戸)」で兵庫県立加古川東高校の吹奏楽部が入場・表彰で音楽演奏を披露するみたい!

2020年1月12日(日)神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で「第28回全日本高校女子サッカー選手権」が開催されます。

当日、選手入場時の「FIFAアンセム」と表彰式時の「日本サッカーの歌」の演奏を兵庫県立加古川東高校の吹奏楽部が担当するようですよ!

加古川東高校吹奏楽部「第28回全日本高校女子サッカー選手権(ノエビアスタジアム神戸)」入場・表彰で音楽演奏を披露

加古川東高等学校吹奏楽部について

加古川東高等学校吹奏楽部は、演奏を通して豊かな人間性を求め、活気に満ちた学校作りに貢献することを目的に日々活動しています。一人ひとりが自分を「輝かせ」、皆で力を合わせてバンド全体を「輝かせ」、そして私たちの「輝き」を発信することで、聴いていくださる方々も輝いていただける。このような音楽がお届けできるように、文化部発表会や体育祭などの校内行事、県下各地の行事に積極的に参加しています。また、吹奏楽コンクールでも、4年連続で関西大会に出場を果たし、兵庫県のトップレベルの実力を誇っています。

兵庫県立加古川東高等学校について

兵庫県立加古川東高等学校は、兵庫県加古川市加古川町粟津にある公立高等学校です。旧制中学校からの伝統を受け継ぎつつ、21世紀を担う高い理想と広い視野をもち、心豊かで、新しい文化を創造する人間を育成しています。生徒会活動が活発で、体育祭、文化祭、文化部発表会などの企画運営は生徒主体でおこなわれる。学科には、多様なカリキュラムや類型、一人ひとりの個性を開花させる学習活動を展開する「普通科」、高い倫理観を持ち、国際社会でリーダーとして活躍できる科学者・技術者の育成をめざす「理数科」があります。また、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定され先進的な理数教育が実施されています。2024年に開校100周年を迎え、校訓「自治創造 明朗親和」に加え新ビジョン「将来において『正解』のない社会を切り拓く人づくり」を策定している。卒業生には、住田裕子(弁護士)、杉尾秀哉(TBS報道局解説室長)、高瀬耕造(NHKアナウンサー)、あずまきよひこ(漫画家)がいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で