最先端施設園芸農業、大規模施設園芸団地が加西にあるぞ!「兵庫ネクストファーム」が凄すぎる!

記事はここから

「次世代施設園芸導入加速支援事業」のひとつとして加西市に36,000m²の広大なハウスができました。

2014年10月に設立。誕生してからすでに1年半ほど経過しています。

ただただ圧巻の施設園芸!36,000m²の広大なハウスは下中央のハウス群がそうです。

広大すぎて想像つかない

右横の長ーい太めの道路は鶉野飛行場あとです。比べても大きさがわかるでしょ?

とにかく馬鹿でかいしせつなんです!

施設では大玉トマト、ミニトマトが栽培されていて、最先端の機材やマニュアルが活用されているんだとか。

 

next-farm-01

なんだか規模が凄すぎておっさんには想像つかない!

 

hyogoken-kasaishi-next-farm
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/saisei/honbu/pdf/shiryou_zenkoku_5_7sanko3.pdf

 

 

兵庫ネクストファーム

「次世代施設園芸導入加速支援事業」の一環として、兵庫県加西市に大規模施設園芸団地が完成しました。

これらの運営を担う会社として、兵庫ネクストファームは誕生しました。サラダボウル・東馬場農園・JA兵庫みらい・ハルディンの4社が出資しており、それぞれのノウハウを活かして新しい農業のカタチに取り組みます。

36,000m²の広大なハウス内で、丁寧に作られています。ハウス内は清潔に保たれ、病害虫の発生には細心の注意を払っています。その為、年間を通して自信をもって安全なトマトをご提供できます。収穫後はすぐに袋詰めされ、新鮮な状態で出荷されます。

ハウス内の環境を細やかに調整できるため、毎年10月~7月まで、長期間にわたって安定品質のトマトを作ることができます。兵庫ネクストファームで作っているトマトはSplash(ミニトマト)ともりたろう(大玉トマト)の2種類です。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で