小野市に【ICT体験型研修施設D-Tech Center「Satellite 兵庫」】がオープン!日本キャタピラーが実施する建設機械の人材育成施設!

記事はここから

Catブランドの建設機械・ディーゼルエンジン等の販売・サービスを手掛ける日本キャタピラー合同会社(本社:東京都中野区、代表職務執行者 社長・CEO:本田博人)は、2018年11月9日(金)ICT建機の体験型研修施設「D-Tech Center Satellite 兵庫」(兵庫県小野市)をオープンしました。
日本キャタピラーでは、人手不足や熟練オペレーターの減少が問題となっている土木・建設現場の課題解決につなげるために、国土交通省が進めているi-Constructionの普及促進を図り、最新の技術への理解とICTに熟知した人材の育成が必要不可欠であると考えています。今回の施設オープンは、この目的を実現するための取組みのひとつです。


D-Tech Center「Satellite豊橋」

「Satellite 兵庫」は、ICTセンターのマザーセンターとして位置づけているICT建設機械総合研修施設「D-Tech Center」(埼玉県秩父市)の三か所目のサテライトセンターとなります。

オープン以降は、西日本地区のお客様のニーズをもとに、定期的にICTセミナーやデモンストレーションを開催するほか、建設機械に関する最新テクノロジーの検証や社員研修の場として活用していきます。

●D-Tech Centerの展開
D-Tech Center(埼玉県秩父市):1979年10月開設(2017年10月名称変更)
Satellite 岩沼(宮城県岩沼市):2012年9月開設(2017年10月名称変更)
Satellite豊橋(愛知県豊橋市):2018年10月15日 開設
Satellite兵庫(兵庫県小野市):2018年11月9日 開設
2019年度は更なる展開を予定

施設概要
名称 :D-Tech Center Satellite 兵庫
住所 :〒675-1307 兵庫県小野市菅田町南野739-14 地図
総面積 :650㎡
建物 :80㎡ 40人収容
保有機械 :油圧ショベル Cat 320(3Dマシンコントロール仕様)、ブルドーザ Cat D3K2E( 3Dマシンコントロール仕様)
目的 :i-Constructionの普及促進、最新技術への理解とICTに熟知した人材の育成

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で