兵庫県にもあった素敵なお茶畑2 300年の歴史、仙霊茶 生産者 山下有一さん (大山南部茶生産組合 組合長)(神崎郡)

記事はここから

種とり人から種とり人へ33

仙霊茶 生産者 山下有一さん(大山南部茶生産組合 組合長)(神崎郡)

 

 

兵庫県神埼郡。
ここで300年の歴史をもつお茶、仙霊茶の栽培が行われています。

 

今回は、大山南部茶生産組合 組合長 山下有一さんと、お茶栽培の歴史を示す文書が残る生蓮寺にも訪れ、住職奥田瑞光さんにも貴重なお話を伺いました。

 

種と遊んで

新品価格
¥2,160から
(2015/9/29 19:48時点)

五国豊穣兵庫のうまいもん巡り―特産食材&滋味レシピ

新品価格
¥1,620から
(2015/9/29 20:03時点)


 

 

_MG_0038 _MG_0041

 

 

大山南部茶生産組合 組合長 山下有一さん(右)と山根さん

 

 

 

_MG_0043

お茶園の入り口には、こんな立て看板が。

 

 

 

 

_MG_0044

 

 

 

 

山のなだらかな斜面一面がお茶畑!綺麗ですね!

 

 

_MG_0045

 

_MG_0049

 

 

 

お寺に残る貴重な資料。お茶の取引を示したものだとか。

 

_MG_0048
その昔、僧侶が地元の風土と気候に目をつけ、お茶の栽培をはじめたのが栽培の始まりだといいます。
現在では、市民参加型の農園としても成功し、毎年大勢の方がお茶栽培を楽しんでいる。

 

 

2011.8.6 撮影

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で