フランスのテロ。フェイスブック上のプロフィール写真が一斉にフランス国旗柄になった件。追悼の気持ちは人それぞれ。

記事はここから

フランスのテロをうけて、フェイスブック上のプロフィール写真が一斉にフランス国旗柄になった件。

 

数日たって、写真を変えていた人がどんどん元通りにしている。周囲の意見に過敏すぎるんじゃないかな?カタチはどうあれ、大勢の人がテロの事実を知った結果なんだし、結局被害の当事者にはなれないわけだから、方法は色々でいいんじゃないですかね。

 

イケダハヤトさんがブログでいいこと書いてますね。

無関係であるにもかかわらず「当事者の気持ち」を想像したり、それを元に誰かに「怒り」を向けることこそが、もっとも恐ろしい暴力です。盲目になりがちですから。

まだ東京で消耗しているの?

 

当事者の気持ちを想像だけで語るっている人は怖いです。本当にそう思っているのか、どうかわからない。嘘かもしれない。もしかすると、浮き足立って我を忘れている人を、よからぬ方へ導いているかもしれません。

当事者にはなれません。私はこの人の感情を利用する人が嫌いです。イケダさんのブログにある人がそうかどうかは知りませんが。人をたきつけて、言葉だけでそそのかし、自分はさも影響者のような立場に快感を覚えるような人、嫌ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で